有吉弘行、修学旅行先が民泊の中学生に「恋も生まれない」と同情


1月10日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で有吉弘行が、学習体験プログラムを充実させるため修学旅行先を民泊にする学校が急増していることに対し、修学旅行の楽しみを満喫できるようにと訴えた。

有吉、中学生に感情移入しすぎて嘆く


番組では、修学旅行が民泊という佐賀県に住む14歳中学生からのお怒りメールを取り上げた。投稿者によると行先は広島県北部にある山間の安芸太田町で、そこの一般宅に生徒3~4人で宿泊し、各家庭で朝食を作る家業体験プログラムなどをこなすのだという。

これを聞いた有吉が「俺は最悪だと思う」というと、マツコ・デラックスも体験学習のような内容に「あれ修学旅行なの?」と疑問を持つ。続けて有吉は「“学を修める”とかいうけど、あんなもん遊びじゃんね?ご褒美よね。毎日『学校刑務所』に入っているわけだから、たまには仮出所したいじゃない」と中学生に同情。

さらに、スキー遊び直後もすぐに別れて各家庭で食事をとるのだと聞くと、有吉は「みんなでバイキング食わないのかよ…」と顔をしかめ、さらに農業の手伝いや雪下ろしといった家業体験があると聞くと「ロケじゃん!」と若手お笑い芸人並みの仕事だと嘆く。こういった現状にマツコは「(生徒の)人数が少なくなったことの弊害だよね。丁寧にできるじゃん1人に対して」と分析。

また「枕投げしよう!というわけにはいかないもんね。人様のお宅で」とうなだれる有吉に、やったとしても「3人よ」と笑わせるマツコ。さらに有吉が「恋も生まれないだろうしさ」と笑わせつつ「泊まった先にキレイな娘さんでもいりゃあさ、少し嬉しい感じもあるだろうけど」と希望を語るとマツコは「民泊受け入れるような家だから、おじいちゃんとおばあちゃんの二人暮らしとかだと思うよ」と若い女性がいる可能性を否定した。

民泊にワクワク感がないとわかった有吉は「それはそれでいい体験なんだよ」と民泊体験を肯定するも「修学旅行は修学旅行で連れて行ってやってよ!」とテーブルに突っ伏し懇願。感情移入しすぎる有吉にスタジオが大爆笑となった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス