1月12日「宮中歌会始め」~はじまりはいつ?和歌は音楽?

tenki.jpサプリ

2018/1/12 11:00


七草、松明け、鏡開きと新年の行事が続いています。今日1月12日は、宮中で「歌会始(うたかいはじめ)」が執り行われる日です。すでに10時30分から始まりテレビ放送もされています。五・七・五・七・七の三十一文字で綴られる和歌を朗々と歌い上げる節回しが印象的な「歌会始(うたかいはじめ)」…今年のお題は「語」。「物語」や「~語」といった言葉をテーマに、一般にも広く募っていて、今年は最年少12歳から最年長82歳と、年齢層も幅広く選ばれています。この機会に、万葉の世から受け継がれてきた和歌についておさらいし、「言の葉」の妙に触れてみませんか?

和歌をイメージする「古今集」という名の梅

和歌をイメージする「古今集」という名の梅

「歌会始(うたかいはじめ)」の起源と変遷


「歌会」は、「万葉集」を参考にすると奈良時代には始まっていたのではないかと推察されますが、詳細な資料が残されていないため定かな年月までは不明です。記録として残っているのは、『外記日記』による文永4年(1267年)1月15日の「内裏御会始」に遡ります。現在、「歌会」と言いますが、古来、天皇がお催しになる歌会を「歌御会(うたごかい)」といいました。宮中では年中行事のほかに毎月「月次歌会(つきなみのうたかい)」が開催されていました。その後、江戸時代を経て明治維新後も継承され、明治7年(1874年)に一般の詠進が認められるようになり、明治12年(1879年)には、一般の詠進歌から優れたものを選歌し「歌御会始」で披講されるようになりました。これは和歌の裾野が広がる意味でも画期的なことだったと言えるでしょう。さらに、明治15年(1882年)から、天皇の御製(ぎょせい)を始めとした選歌が新聞に発表されるようになり、明治17年(1884年)からは官報にも掲載されるようになりました。この後、大正15年(1926年)の皇室儀制令制定により、名称が「歌会始(うたかいはじめ)」と改められて今に至ります。



「披講(ひこう)」に見る和歌の源泉


「歌会始(うたかいはじめ)」というと、特徴的な読み上げが思い受かぶことと思います。この読み上げを「披講(ひこう)」といいます。その役目はというと、1.和歌が書かれている懐紙(かいし)を広げて司会進行を行う読師(どくじ)、2.和歌に節をつけずに読み上げる講師(こうじ)、3.和歌の第一句に節をつけて歌いはじめる発声(はっせい)、4.第二句から合唱に加わる講頌(こうしょう)に分かれています。特徴的な節をつけた読み上げを歌う3.発生による独唱と4.講頌が加わる合唱がポイントです。現在では文学的な印象が強い和歌ですが、「和の歌」と書くことからもはじまりは歌唱・音楽だったことがわかりますね。「枕草子」などにも和歌の一部を吟ずる(歌う)場面が描かれていて、宮廷文化華やかなりしころからの伝承が「披講(ひこう)」に受け継がれていることがわかります。現在、その役割は旧華族の「霞会」に継承され、毎年「歌会始(うたかいはじめ)」で役割を分担されています。

「和歌」をランクアップさせた?紀貫之の「仮名序」


古来、男性は漢詩を、女性は和歌をたしなんでいました。当時、男性は漢字を読み書きするものであり、それを学ぶことができなかった女性が仮名文字を使って歌を詠むようになったのです。仮名文字と和歌は女性のものだったと言えるでしょう。その後、平安時代に『古今和歌集』に記載された紀貫之による「仮名序(かなじょ)」によりその存在は一変します。冒頭と後半の文章を引用しましょう。
「やまとうたは、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなりにける。…力をもいれずして、天地をうごかし、目に見えぬ鬼神をもあはれとおもはせ、男女のなかをもやはらげ、たけきもののふの心をもなぐさむるは歌なり。」
現代語にすると「和歌は人の心を種として生い茂り、限りない言の葉となったものである。…力をも入れずに天地を動かし、目に見えぬ霊魂や天神地祇をしみじみと感じさせ、男女の仲をもやわらげ、勇猛な武人の心までもなごやかにさせる物は、歌である。」となります。
この「仮名序」により、和歌と大和言葉の存在が飛躍し、広まったことは言うまでもありません。紀貫之、グッジョブ!ですね。また、長い年月に渡り「和歌」が受け継がれていることは、生まれては消えるものが多い今、貴重なことだと思いませんか。私たちの日常においても、心なごやかになる「歌」に共通する「言の葉」は、貫之の仮名序が言わんとすることに繋がっているのではないでしょうか。

参考・出典


宮内庁公式ホームページ
星と森披講学習会ホームページ
『古今集・新古今集』大岡信著 学研文庫

あなたにおすすめ