英王室発表の2017年度9大ニュースに、大事なものがない?

Movie Walker

2018/1/12 11:24

2017年も多くの話題を振りまいた英王室が、昨年の9大ニュースを動画で発表。しかしながら、大事なニュースが抜けてしまっていることに気が付いた王室ファン、ネットユーザーたちの間でツイッターが炎上する騒ぎになっている。

英王室が発表した2017年の9大ニュースは、以下の通り。

1. ケンジントン宮殿の見所のひとつである庭園が、没後20年となるダイアナ妃の記念庭園「ホワイトガーデン」として新しく生まれ変わった。

2. キャサリン妃の妹ピッパの挙式で、ジョージ王子とシャーロット王女がページボーイとブライズメイドを務めた。

3. 女王の家族全員が、バッキンガム宮殿のバルコニーから女王の誕生日記念セレモニーを楽しんだ。

4. ドイツ外交で、シャーロット王女が初めて花束を受け取った。

5. ウィリアム王子がヘリのパイロットとして最後の仕事を行った。

6. ウィリアム王子とヘンリー王子が、亡き母ダイアナ妃に敬意を表し追悼イベントに出席。

7. ジョージ王子が学校に入学。

8. ヘンリー王子とメーガン・マークルが婚約を発表。

9. ウィリアム王子とキャサリン妃がクリスマス写真を公表。

というものだ。

しかしHello誌などでこの情報を知った人々の間では「キャサリン妃第3子妊娠は重大ニュースじゃないの?」「抜かした理由があるのかな?」「クリスマスカードの方が入るなんて」「ただ忘れただけだったら、ありえない!」といった疑問と不満のツイートが飛び交っている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

https://news.walkerplus.com/article/133205/

あなたにおすすめ