最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『おかしな』シリーズ最新作とスピンオフ企画が朝夜そろって登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊東四朗がたたき上げの刑事・鴨志田新一、羽田美智子がエリート警視・岡崎真実という凸凹父娘コンビを演じて大人気の『おかしな刑事』(テレビ朝日系)シリーズ。2003年に『土曜ワイド劇場』で第1弾が放送されて以来、同枠や『日曜ワイド』『ミステリースペシャル』枠などで放送。前作の第16弾(2017年7月30日)は、『日曜ワイド』の最高視聴率7.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を獲得している。

そして、そのシリーズから飛び出したのがスピンオフ企画『おかしな弁護士』。鴨志田と真実の同居人であり、苦節十ン年(!?)の新米弁護士・姉小路行人(石井正則)が主役のミステリーで、2017年8月6日(日)に第1弾が放送され、「続編が見たい!」「法廷で追い詰めるシーンで感動した」などと好評だったことを受け、第2作の放送が決定。この『おかしな』ファミリー2作が、1月14日(日)の朝(10:00~)と夜(21:00~)に放送される。

『おかしな刑事17』では、なんと伊東演じる鴨志田に、深刻な病の疑いが……。意気消沈する鴨志田は、病院で知り合った会社社長・漆山忠夫と意気投合するが、なんとその漆山の孫が誘拐される事件が発生する。漆山を演じるのは、名優・角野卓造。伊東と角野は旧知の飲み仲間であり、2人は息の合ったかけあいを披露。コメディーセンスあふれるベテラン勢の“競演”は、大きなみどころだ。

また、『おかしな弁護士2』は、石井扮するする新米弁護士・姉小路が、不動産会社社員の死の真相を暴くため、ブラック企業に闘いを挑む。鴨志田や真実をはじめ、先輩弁護士・武井昭一(正名僕蔵)や“横浜の叔母様”こと三浦由紀子(田島令子)らおなじみの濃いキャラがズラリ登場。本格ミステリーでありながら、コミカルなやりとりも大きな魅力となっている。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス