Kodakも仮想通貨プロジェクトに参入へ。株価、一気に跳ね上がる

kodak_blockchain
Image: APISITH / Shutterstock.com

多くの人が実態を理解しないまま、名前ばかりが飛び交っているブロックチェーン。レストランチェーンがプレスリリースにブロックチェーンという言葉を使うだけで株価が飛び跳ね、アイスティー・ブランドが名前にブロックチェーンと加えるだけでこれまた株価が急騰し、バイオテック企業も名前にブロックチェーンを入れて株価を急騰させたかと思うとCEOが売り抜けして大儲けしたりと何でもありな状況になっております。

そして「オレも!」と参加したのがカメラメーカーのKodak(コダック)です。

The Vergeが報じたところでは、Kodakが実態のよく分からない仮想通貨ベンチャーに乗り出したとのこと。先日、「大規模なブロックチェーンと仮想通貨プロジェクト」を発表したところ、もともと3ドルあたりを上下していたコダックの株価は最高で6.80ドルにまで上がったのです。



しかしただブロックチェーン!と叫んでみただけではなく、カメラメーカーならではのアイデアが注がれてはいるようです。

コダックによる仮想通貨KodakCoinは、ブロックチェーンによって稼働するKodakOneという権利マネージメントプラットフォームでトークンとして機能するとのこと。このプラットフォームは、写真家たちの新旧作品を登録し、ライセンス管理をするためのデジタル台帳として使われるようです。この仮想通貨とプラットフォームによって、写真家たち、エージェンシーたち共に画像の権利マネージメントにおけるより良いコントロールを得ることができる、とプレスリリースでは説明されています。安全なプラットフォーム上で仮想通貨を通じて写真の対価の受取ができるようです。

リリースは詳細が全く見えてこないザクッとしたものなのですが、CEOのJeff Clarke氏は次のように述べています。

テック業界において「ブロックチェーン」と「仮想通貨」は熱いバズワードです。しかし自分の作品の使用許可、そして使われ方を管理することに苦労してきた写真家たちにとって、これらのバズワードが不可能に感じられる問題を解決するキーとなるのです。

強い鼻息が聞こえてきそうな、力強い声明です。Barron'sの取材によると、後にClarke氏はブロックチェーン技術は将来非常に重要になるけれども、株価が2倍になるようなことではないと語っています。瞬間的な株価の上昇を狙ったプロジェクトでは無いようですが、それでもブロックチェーンと仮想通貨のパワーはすごいですね。

Image: APISITH / Shutterstock.com
Source: The Verge, Business Wire, Barron's
Reference: CNBC

Tom McKay - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス