ホントは面倒くさい…大人数で行くと起こりがちなカラオケあるある




大人数で行って盛り上がれるカラオケ。「楽しいから毎日行きたい!」という人がいる一方で、実はカラオケが苦手だと思っている人もいます。最近ではひとりカラオケをする人も増えていますが、そんな人たちのなかには「大人数でカラオケをするよりもひとりのほうが絶対に楽しい!」と言い切る人もチラホラ……。大人数で行くカラオケにはどのようなことが起こるのでしょうか?

自分の歌を聞いてもらえない

「自分が気持ちよく歌を歌っているとき、見せ場だ! と思って周りを見ると自分の曲を選んでいたり、会話を楽しんだりしていていると悲しい気持ちになる」(20代/IT)

▽ 大人数でカラオケに行くと、おしゃべりに夢中になったり、自分が次に歌う曲で頭がいっぱいになったりして、人の歌を聞く余裕がなくなることもあるでしょう。いざ、自分が歌うとなると、周りは歌に耳を傾けてくれないなんてこともしばしば。周りが自分の歌に注目してくれないことに、一抹の寂しさを感じることもあるようです。

音楽の趣味が合わない



「大人数でカラオケに行くと、自分の好きな曲が歌えない……。前に好きな曲を入れてみたら『聞いたことなーい』って言われて全然盛り上がらなかった」(20代/医療)

▽ ひとりなら気にしない曲選びも、大勢で行くことにより悩んでしまうという人もいます。みんなで盛り上がれる曲や、みんなが知っている曲を考えると自分の趣味には合わない曲ばかりになってしまうことも……。また「聞いたことない」と興味がないような雰囲気を醸し出されると気まずい気持ちにもなってしまいますよね。遠慮をして自分の歌いたい曲を歌えないというのは、大人数で行くカラオケのデメリットかもしれません。

トイレから戻ると入れた曲を歌われている

「トイレに行って戻ってきたら、自分が入れていた曲が歌われちゃっていたとき。勝手に歌わないでよ! ってイラッとする」(30代/看護師)

▽ トイレに行きたくなって席をはずすと、戻ったときに自分が入れた曲を歌われていた……なんてことも。やっと順番がまわってきて歌えると思ったら歌われてしまっている……というのは、ツラいものがあります。トイレに行くだけでも、自分の入れた曲とのタイミングを見計らう必要があるようです。

間奏が長くてドリンクを飲むことしかすることがない

「間奏の時間が長いと周りに申し訳なくなって、ドリンクを飲むことしかできない(笑)」(20代/学生)

▽ 間奏時間が長いと、周りに気を遣わせてしまっているような気持ちにもなるもの。「こんなに間奏が長くてごめん……」と申し訳ない気持ちになることもあるかもしれません。やることがなくてドリンクばかり飲むので、シュールな気持ちになったりもします。

友達に歌いたかった曲を奪われる



「はやりの曲だと友達に奪われる。同じ曲を入れるわけにはいかないから、結局歌いたかった曲が歌えない」(20代/学生)

▽ 自分が歌いたい曲を友達に奪われてしまうとショックですよね。何度も同じ曲を続けるわけにはいかないし、我慢するしかありません。歌いたい曲が歌えなくなるというのも大人数でカラオケに行くからこそ起こることでもあります。

あなたにおすすめ