石川佳純を襲ったインスタ「顔面偏差値」事件

まいじつ

2018/1/12 10:30

(C)Stefan Holm / Shutterstock
(C)Shutterstock

元旦早々、国際卓球連盟(ITTF)が新たな方式に基づいた世界ランキングを発表した。

「旧方式とどこが違うかといえば、獲得ポイントに1年間の有効期限が設けられたのです。世界選手権などは期限ナシですが、旧方式のままだと、若手はキャリアの長い人をなかなか抜けない。年度別に強い選手をランク付けするための新方式です」(体協詰め記者)

最新の世界ランキングでは、石川佳純が4位、5位に伊藤美誠、6位に平野美宇が入った。そして石川は、別の意味での“ランキング”に焦りを感じているという話もある。

「昨年のクリスマス、ITTF主催の授賞式が開かれたのですが、石川など日本の女子選手はフォーマルなドレス姿で登場しました。その際、彼女たちは集合写真を撮影し、それを伊藤が自身のインスタグラムで公開したところ、大きな反響がありました。《日本選手はみんなかわいい》といったコメントが寄せられました」(スポーツ紙記者)

Instagram Photo

「返信コメントのなかには《顔面偏差値、高過ぎだろ》のようなものもありました。悪意などはなかったようですが、この“顔面偏差値”という言葉に反応したネットユーザーによるランキング付けが勝手に始まり、こちらのランキングで石川はすでに若手に追い抜かれてしまったのです」(スポーツ紙記者)

動画のインパクトが強かった石川


石川には世界中にファンがいる。引退間近の福原愛が表舞台から去ったいま、石川が日本のトップであることは明らかなはずだが…。

「同日、ITTFが公式インスタグラムで各国選手の様子も動画で公開しています。クリスマス&ニューイヤーのユニークな祝福動画ということになっていました。石川はサンタのコスプレをし、最初は手袋で顔を隠していたんですが、ぱっと両手を開いて微笑んでいます。その動画のインパクトが妙に強かったのかもしれませんね」(同・記者)

Instagram Photo

日本の女子選手たちは仲のいい。だが、顔面偏差値のランキング騒動で、ぎくしゃくした関係にならなければいいのだが…。

【画像】

(C)Stefan Holm / Shutterstock

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス