働く女性の8割が感じているストレス その結果あなたのお肌に起きる現象とは?

OVO

2018/1/12 10:10


 ストレスは万病のもと。お肌にも悪影響を及ぼすのは周知の事実だが、資生堂が、精神的ストレスと特に皮脂分泌量との関係を明らかにしてくれた。ストレスを与えると、頰の皮脂分泌量は与えない場合に比べて1.7倍にもなるそうだ。

30~40代の女性16人を対象に実施した「ストレス負荷時の肌生理に関する測定試験」の結果。初対面の人物との面接などにより精神的ストレスを与えた後に、頬部の皮脂分泌量を専用測定器で測定、ストレスを与えない場合の皮脂分泌量と比較した。さらに、全国の20~59歳の女性・1,041人に、「あなたは普段、日常生活でストレスを感じていますか?」と質問すると、働く女性488名のうち81.8%が「ストレスを感じる」と回答、特に30代では85.7%という高さだった。

では、ストレス解消の手段を取れているかというと、ストレスを感じている働く女性399人のうち、過半数が否定的。特に40代では、67.1%がストレス対策を取れていない実態が明らかになった。美容の専門家、深澤亜希さんによると、「皮脂は分泌されてから数時間たつと、酸化して過酸化脂質に変わり、肌のくすみの原因になる可能性がある。くすみを隠すためについメイクを重ねてしまうと、皮脂とメイクが混ざり、酸化によるくすみのリスクはさらに高まる」とのこと。多くの女性が、肌がくすみやすい環境にさらされているわけで、「クレンジングの際には、くすみの要因にもつながる皮脂や汚れをしっかり取り除けるクレンジング化粧品で、丁寧にメイクや汚れを落とす」という基本作業を地道にやることを、深澤さんは勧めている。

「今日はいつもよりストレスフルだった!」という日は、さらに丁寧にクレンジングするといいかも。

あなたにおすすめ