指原莉乃 2018年も加速する快進撃

dwango.jp news

2018/1/12 09:42

指原莉乃の快進撃が止まらない。
女性バラエティタレントとしては、高感度抜群の小島瑠璃子と人気を二分し、2017年末から正月にかけて多くのテレビ番組へ出演をした。
また、アイドルとしては安定した高い人気を誇り、2017年度は新たにアイドルグループ=LOVEのプロデューサーに就任するなど、アイドルという枠にとらわれない規格外の活躍をしている。
過去には「ブス」として自他共キャラ付けをしていたのだが、最近では指原がおすすめするコスメを使う女性ファンも急増し、いつの間にか女性人気も拡大。アイドルとして前人未到の活動を続けている。
IMG_2512
指原の原動力は何か?
一つは、熱狂的なモーニング娘。のファンとして培われた、アイドル観があることだ。指原の中で、絶対的なアイドルとしての理想像が確立されているからこそ、アイドルとして活躍しながらブスキャラにもなれるし、他のアイドルをプロデュースすることもできる。アイドルとして、第三者の目をしっかりともっていることで、過去にはスキャンダルをネタにして乗り越え、SNSなどでどれだけバッシングをされてもブレない活動をすることができる。一流のアスリートは自分を客観的に見る目をもっているというが、指原にもその能力が備わっていると思われる。
さらに、頭の回転の速さがあげられる。いわゆる高学歴タレントがフリートークを得意としないのは、詰め込み型の勉強が得意なだけで瞬発力が必要とされるフリートーク向きの頭をしていないからだと言われる。指原の場合はその逆で、学歴とは関係のない瞬発力型の頭の良さをもっている。
握手会などで訓練された瞬間的な会話術、アイドルや芸能に特化した地頭の良さが合わさり、どんなMCとも、どんなゲストとも瞬間で合わせることのできるトークスキルをもっている。
その才能は、=LOVEでの作詞家としても発揮され、彼女の描く正統派アイドルの世界観は多くのファンに受け入れられている。
女性アイドルの歴史の中で、ここまで破天荒で、戦略的で大成功をしたアイドルはいない。これからも、指原莉乃の一挙手一投足から目が離せなそうだ。
(芸能ライター/高橋瑠羽)

あなたにおすすめ