最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

相撲取りが最強のグルメである理由――琴剣淳弥×能町みね子対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


力士たちの食事情をリアルにつづった漫画&エッセイ『相撲めし』を上梓した相撲漫画家の琴剣淳弥氏。自身も元力士であり、誰よりも相撲界のことを知る人物でもある。そんな琴剣氏と、大相撲の大ファンであり、NHKで番組コーナーを持つ能町みね子氏が、相撲めしについて語った!

琴剣:能町さんにはイチ早く私の著書『相撲めし』を読んでいただきました。どうでしたか?

能町:どのエピソードも興味深くて、力士が食べるというだけで、おいしそうに見えます。私もいろんな人から聞いたおいしいお店を携帯にメモして「行きたいお店リスト」を作っているんですが、そんな話を浦風親方(元・敷島)にしたところ、「お前甘いよ、俺の携帯を見ろ」って、地方によって行きたいお店を分けていてすさまじい量のメモでした。とにかく食にかける探究心がすごいと感心しました。他の力士もそうなんでしょうね。

琴剣:本当にハンパないですよ。今回、現役力士一人ひとりに取材をしましたが、改めて力士は本当にグルメなんだなぁと思いました。部屋のちゃんこはおいしいし、巡業先でおいしいものを食べたり、お店側もサービスしちゃったり。これでグルメにならないわけがないって思いますよ。

能町:それも、幅広く行ってらっしゃる。たとえば本に書いてある松鳳山関が行く「火鍋みやま」や、石浦関の行く「caféのらくろ」は噂には聞いていました。おいしいんでしょうね。

琴剣:「のらくろ」は宮城野部屋の近くにあって、マスターも相撲が大好き。おすもうさんが来ると、すごい量のパスタを出したりする。さらに、若い力士がコーラを頼むと、1.5リットルのペットボトルが出されるサービスっぷりですよ(笑)。

能町:食べっぷりも気持ちがいいですよね。私は、琴剣さんに比べたらそんなにお店に行ってるわけじゃないし、力士の方とご一緒することも少ないけども、それでも美味しいお店をよくご存じだというのは実感しています。浦風親方に誘っていただくときは、メニューまで完全にお任せです。「何を食べたい?」って聞かれないのってすごく楽だし、黙っていてもおいしい料理が注文されているので助かっています(笑)。

琴剣:浦風親方が、昔、貴乃花に勝った前日に行った大阪の「テッチャン鍋 金太郎」というホルモン屋さんも、今では力士の間でゲン担ぎのお店ですからね。浦風親方もすごいけど、二子山親方(元・雅山)も現役時代からいろんな肉のお店を渡り歩き、「130店舗は行った」って言っていましたからね! 実際、九州のステーキ屋さん「牛王」にご一緒したとき、ヒレステーキのあまりのうまさにびっくりしました!

◆元力士がやっているお店はどこも名店!

能町:話は変わりますが、元力士がひらいたお店もおいしいですよね。元幕内・若孜さんの「ジンギスカンゆきだるま」も有名で、そこは行きましたが本当においしかった。

琴剣:あそこは本当に絶品です。肉は厚切りで臭みもなくジューシー! 〆のつけ麺も最高で、私も大好きなんです。

能町:自分で開業したわけではなく、もともとあったお店を引き継いだらしいですよね。現役時代に「ゆきだるま」で食べて感動して、「これで勝負したい」って言って引退後、お店を任されたって聞きました。

琴剣:そうなんですよね。第二の人生が飲食店なんて力士は本当に多い。それこれ20年くらい前までは、次の就職先と言えばちゃんこ鍋のお店だった。でも、最近は肉、ラーメン屋と幅広くなってきています。

能町:そういえば、ラーメンといえば、上野にある「さんじ」も行きたいお店リストに入っているんです。

琴剣:そこは絶対行くべきお店ですよ! そこのクレイジークラブという名前の蟹のラーメンが素晴らしいです! 光風という四股名で相撲をしていた森下さんは、引退後、ちゃんこ屋をヨーロッパで開店しようと渡欧したんだけど、現地で食べたラーメンのうまさに衝撃を受けたそうで、その味を日本に逆輸入しちゃったというわけ(笑)。

能町:そう考えると、みんなちゃんと考えてお店を出して成功されているんですね!

琴剣:奈良にある「麺場 力皇」は力士とレスラーをやっていた力皇さんのお店だし、横浜の鶴見にある「鶴嶺峰」(力士名同じ)は、「大勝軒」の山岸さんのお弟子さんだったりするんですよ。どこも行列をつくる繁盛店ですよ!

能町:それだけ食が特別な存在ってことですよね。だって、プロ野球選手やサッカー選手でグルメの人がいたとしても、ここまで食は広がらないと思う。

琴剣:全身を使うし、体のつくりによって勝負の差が出てくるから、食べることってそれだけ大事なんだと思います。いい加減な食生活もたまにはいいけど、コンビニ弁当が続く巡業中は体の調子が悪くなるから、必死でおいしいお店を探すんだそうです。全国各地の名店に詳しくなるはずですね。

◆最近の相撲部屋の料理はクックパッド頼り?

琴剣:部屋のちゃんこがおいしいって言いましたが、最近では、入門してくる力士も減っているから、部屋にいるちゃんこ長もいなくなってきているのが現状。もともとちゃんこ長って古株の力士がやるんだけど、年齢的なものもあって結局引退して部屋を出て行くことになる。でも、玉ノ井部屋とか高田川部屋とかは、ちゃんこ長がいて、しっかりおいしいものを力士に食べさせてくれます。やっぱりちゃんこがおいしいとしっかり強くなるんですよ。

能町:ちゃんこ長がいなくなると、当番制で作るってことですか?

琴剣:そうです、当番制です。今の時代、便利なのがクックパッドのアプリ。各相撲部屋が重宝しているそうですよ。でも、部屋の伝統の味がなくなって、どの部屋も同じ味になってしまうという悩ましい問題もありますね。

能町:スマートフォンのおかげで、力士もいろいろな情報を仕入れていますよね。ヒップホップを聞いたり、恰好や持ち物にもこだわったりし始めている。

琴剣:そこは現代っ子ですよ。だって田舎の巡業に行っても、スマホひとつで出前を呼ぶんですよ(笑)。付き人も翌日行く巡業先で出前ができるのかを事前に調べることができる。その辺が私の時代にはなかったことです。いつの時代を見ても食へのこだわりがハンパないんです。おすもうさんのグルメの意見交流もそばで聞いていて本当におもしろいんです。

能町:ご飯の話はいいですねー。今、相撲界もいろいろありますけど、平和な気持ちにさせてくれます。

琴剣:相撲を取っているときとはまた別の表情を見せてくれるから、私自身も食事をご一緒するときは毎度ほっこりさせられています。おすもうさんと繋がっている限りは、とにかく食の情報がアップデートされるから、忙しいけど嬉しい悲鳴を上げています(笑)。

取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/難波雄史

【琴剣淳弥】

佐渡ヶ嶽部屋の元力士。漫画家。現役中からスポーツ新聞に漫画連載を持つ。相撲漫画家として、漫画連載や力士のキャラクターデザインも手掛け、テレビやラジオなど多方面でも活躍。著書は、『秘伝!大相撲ちゃんこレシピ-家庭でカンタンにできる、相撲部屋直伝の味』、『大相撲あるある』、そして近著に『相撲めし おすもうさんは食道楽』がある。twitter「相撲めし」公式アカウントは、@sumomeshi

【能町みね子】

文章やイラストの仕事のほうが多い漫画家。雑誌やネット媒体でコラムなどを多数寄稿し、テレビやラジオ、イベントなど多方面でも活躍。特に、相撲愛好家でもあり、NHKにて「能町みね子のシブ5時相撲部」というレギュラーコーナーを持ち、相撲ファンからも熱く支持されている。著書は多数で、『雑誌の人格』『お話はよく伺っております』など、著者多数。新刊『雑誌の人格2冊目』も発売中。twitterアカウントは、@nmcmnc


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス