最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“至高のブルー”「ロイヤル コペンハーゲン」の陶磁器の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」

1月12日(金)の放送では、デンマークの世界的な陶磁器ブランド「ロイヤル コペンハーゲン」に描かれたボタニカルデザインの魅力を紹介しました。



ロイヤル コペンハーゲンの歴史を支えるボタニカルアート
240年以上に渡り、世界で愛されてきた陶磁器「ロイヤル コペンハーゲン」。1775年、当時のデンマーク王室の保護のもと王室での使用、親交のある王族への贈答用のため、陶磁器を製造する王室御用達製陶所としてコペンハーゲンに発足しました。“至高のブルー”と言われる印象的な青で描かれたテーブルウエアは、高貴で文化的世界遺産とさえ言われています。そして、そこに描かれたボタニカルな文様は、デンマークの野に咲く小さな花が出発点でした。

最初に作られたのは「ブルーフルーテッド」と言われる青を基調にしたデザイン。王室を象徴し、海洋国デンマークをイメージしたブルー。その青で描かれる図柄の最初のモチーフとなったのが、デンマークの野に咲くバラ科の多年草・キジムシロと野菊でした。その後も多くのボタニカルなブルーフルーテッドの図柄が描かれますが、どれもがその地の野に咲く花々を題材にしたものでした。





実際に図柄を描くペインターたちはデザイナーの作りだした基調デザインを守りながらも、ある程度自由にそれぞれの思いを込めて花を描いていくそうです。それはペインターが心に持つ「花」を描く作業ということで、「ペインターの心の花束」とも呼ばれています。

植物図鑑から生まれたフローラ ダニカ コレクション
抽象的な「ブルーフルーテッド」に対して、写実的に花や植物を描いたのが、1790年に制作が始まった「フローラ ダニカ」です。フローラ ダニカとは18世紀に作られた植物図鑑のことで、デンマーク領土内のすべての植物3,000種類の手彩色銅版画が収められています。それらをモチーフとし、一点一点、熟練の職人の手によって制作が行われています。

こういった食器が王室の晩餐会に使われたのは、そこに描かれた花や植物によって、デンマーク領土の豊かさや美しさをアピールする意図が込められていたから。普段、身近な野に咲く花がデンマークの美しさを象徴していたとは感慨深いですね。



TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしを紹介する「NOEVIR BOTANICAL LIFE」をオンエア。次回1月19日(金)の放送では、飲んできれいになる「ホット美人ドリンク」レシピを紹介します。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。1月13日(土)まで女優の小西真奈美さんを迎えてお届けしています。どうぞ、お聴き逃しなく。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年1月20日 (土)AM 4:59 まで
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NOEVIR BOTANICAL LIFE
放送日時 :毎週金曜8:38~8:43
ナビゲーター:高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/botanical/

◆◇120名様に「オリジナルグッズ」が当たる! 感謝キャンペーン実施中◇◆


外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス