最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

桜田ひより「運命」伊藤萌々香「奇跡」初練習で決めた“ダブロン”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜田ひよりが初主演を務める映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の完成披露あいさつが1月11日に都内で行われ、桜田ら主要キャスト18人、小沼雄一監督が登壇した。

これだけの人数がそろって公の場に登場するのは初となる「咲-Saki-」メンバーは、各々が学校カラーを入れた衣装で登場。小沼監督は「作品の内容が団体戦ということで、皆さんには仲良くなってくださいと話しました。これだけ人数がいると仲の良いところ、仲の悪いところがあるのが普通ですが、この作品に関してはみんな仲良くなって、同じ学校のメンバー同士はもちろん、他の学校の人とも一緒に練習して、話し合って、撮影をする。この『咲-Saki-』の特徴がスクリーンに出ればいいかなって思いました」と話した。

また、桜田は「初めての主演は心からうれしかったし、でもちょっと緊張したり不安もあったんですけど、現場に行くと皆さんが温かく迎えてくださって、のびのびと演じることができました」と、緊張しながらも笑顔でコメント。

中山莉子(私立恵比寿中学)は「現場はすごく楽しかったんですけど、灼(あらた)は表情を出さない役なので、カメラが回っていなくてもみんな距離を置いていました。本当は一緒にわいわいしたかったんですけど…。鏡に向けて『あなたは無表情じゃなきゃ駄目!』って唱えていました」と、撮影を振り返った。

マージャンは撮影の1カ月前から練習を始めたという。桜田は「初めて練習した時、憧(あこ)ちゃんと一緒だったんですけど、初めて二人でダブロン(二人同時にロンがかかること)ができたんです。その時は運命だと思いました」と興奮気味に語り、憧役の伊藤萌々香(フェアリーズ)も「思わず立ち上がって喜びました。まだ、あまり話したこともなかったので、奇跡だと思いました」と続いた。

「マージャンが上手なのは誰?」という質問では、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)が「みんなすごく上手ですけど、恒松祐里ちゃんが覚えるのが早くて、上手だった印象があります」と、この日インフルエンザで登壇できなかった恒松の名前を出し、「阿知賀女子学院」メンバーの仲の良さを感じさせた。

さらに、渡邉が「原作により近づけるように、アニメにそのシーンがあるときはみんなで見て、話しながら、再現できるように頑張った」と明かし、桜田も「この作品は身長にもこだわっていて、私が一番小さい139cmの設定なんですよ。灼ちゃんが142cmの設定だったんですけど、台に乗って(高さを)盛ったり、私たちが靴を脱いだりしたので大変でした」と、細かいところまでこだわった撮影秘話を披露。中山も「ひざを曲げて歩いたりしていました」と笑った。

最後は、小沼監督が「前作は続編があるっぽい終わり方だったんですが、日本映画界で続編をにおわすと作られないというジンクスがあります。それを乗り越えて、こうやって作ることができたのはありがたいこと。阿知賀編はいろいろな能力が登場するので、実写化のハードルも高い作品ですが、キャスト、スタッフの皆さんと協力して、前回以上に再現しつつ、かつ映画としてもいい作品にすべく、精いっぱい頑張った作品です」とアピール。

桜田は「みんな1カ間練習して、自分の役をすごく愛していて、すごく研究して、細かいところにも気を付けて演じたので、そういうところも注目してください。そして、皆さんには“推しのメンバー”がいると思うので、そのメンバーの目線に立って、『あぁ、この人超強いな』とか『頑張れ~!』という気持ちになって応援してもらいたいです。私たちの集大成ともなる映画だと思うので、たくさんの人に見ていただけて本当にうれしいです」と客席に向けてあいさつし、イベントを締めくくった。

舞台あいさつには、「阿知賀女子学院」4人、小沼監督の他、「千里山女子高校」咲良菜緒(チームしゃちほこ)、小倉優香、水春(桜エビ~ず)、島崎莉乃(Cheeky Parade)、新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))、「新道寺女子高校」岡崎紗絵、岩崎春果(ふわふわ)、琴海りお(レッツポコポコ)、高田里穂、矢野優花、「白糸台高校」日比美思、RaMu、岩田華怜、志田友美(夢みるアドレセンス)が登壇。さらに、作品の中で実況を担当しているアナウンサー・福与恒子を演じている川口智美がMCを担当した。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/133728/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス