映画「リメンバー・ミー」の日本版声優に藤木直人&松雪泰子が決定!

ザテレビジョン

2018/1/12 04:00

3月16日(金)に公開される美しい“死者の国”を舞台に、大冒険と“家族の絆”をテーマにした映画「リメンバー・ミー」の日本版声優に藤木直人と松雪泰子が決定したことが分かった。

藤木が演じるヘクターは、ミゲルが迷い込んだカラフルな“死者の国”で出会い、共に冒険する重要なキャラクター。日の出までに元の世界へ帰らないと“永遠に家族に忘れられてしまう”というピンチに立たされたミゲルに手を差し伸べるのが、ガイコツのへクターだ。お調子者で陽気なヘクターだが、実は彼にも“家族に会いたい…”という切なる思いがあり、ミゲルに“ある願い”を託したいと考えていた。

ディズニー/ピクサー声優初挑戦となる藤木は、「ピクサー作品をやってみたいという思いがあったので、うれしい反面、決まったからにはやらなきゃという責任感とプレッシャーがありました」と心境を告白。さらに、家族がテーマということもあり、アフレコ時には「劇中では祭壇に家族の写真を飾ったりしていたので、(僕は)子供たちの写真を台本に貼ってやっていました 」と家族思いのエピソードを明かした。

また、松雪が演じるミゲルのご先祖ガイコツ(ひいひいおばあちゃん)であるイメルダも、物語のカギを握る重要なキャラクターだ。イメルダは、“音楽”を選び家族を捨てたミュージシャンの夫との過去から、家族に音楽を禁じていた。彼女は“死者の国”に迷い込んだミゲルが音楽が大好きなことを知り、今後一切音楽をやらなければ生きている世界に戻すと伝える。

松雪もディズニー/ピクサー声優初挑戦とあって、「なんといっても曲が素晴らしくて、聴いているだけで胸を打たれました。自然と涙がこぼれてくる力強さがあり、言葉もスッと魂に刺さってくるようでした。カラフルな色彩が全編を通して続くのも見ていてワクワクしました」と絶賛している。

本作は“家族の絆”がテーマとなっていることから「家族とはいつもつながっている感覚があります。 家系図を見てみたり、ひいひいおばあちゃんがどんな人だったのかという話を改めて聞いたときは、代々守ってきてくれたことによって今自分がここに存在できているんだなと思い、感謝の気持ちがすごくあります」と家族への思いを語った。

美しい映像はもちろんのこと、日本版では藤木&松雪という豪華な声優も加わり、さらに期待が高まる!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/133779/

あなたにおすすめ