「世界30カ国語のラップを比較した動画」が興味深い / 特にフィリピン(タガログ語)がカッコイイ!!



よく「日本語のラップはダサい」と言う人がいる。「日本語はラップに合わない」と言う人も。はたして本当だろうか? その答えは、今から9年前に公開された動画「Rap around the world (30 languages!)」を視て聴いて、各自判断してほしい。

内容的には、世界30カ国(30言語)のラップを集めに集めて2分46秒にまとめました的な感じなのだが、何度聴いても興味深い。9年聴いても聴き飽きない。30カ国の内訳は以下の通り!

その1:アメリカ英語(American)
その2:イギリス英語(British)
その3:広東語(Cantonese)
その4:中国語(Chinese)
その5:クロアチア語(Croatian)
その6:デンマーク語(Danish)
その7:タガログ語(Filipino)※フィリピン
その8:フィンランド語(Finnish)
その9:フランス語(French)
その10:ドイツ語(German)
その11:ギリシャ語(Greek)
その12:ヘブライ語(Hebrew)※イスラエル
その13:ハンガリー語(Hungarian)
その14:アイスランド語(Icelandic)
その15:イタリア語(Italian)
その16:日本語(Japanese)
その17:韓国語(Korean)
その18:モンゴル語(Mongolian)
その19:ノルウェー語(Norwegian)
その20:ポーランド語(Polish)
その21:ポルトガル語(Portuguese)
その22:ルーマニア語(Romanian)
その23:ロシア語(Russian)
その24:スロベニア語(Slovenian)
その25:スペイン語(Spanish)
その26:スゥエーデン語(Swedish)
その27:スイス語(Swiss)
その28:トルコ語(Turkish)
その29:ベトナム語(Vietnamese)
その30:ウォロフ語(Wolof)※モーリタニア

……である。動画を再生すると、画面中央下部に英語の字幕で()に書かれている国名が表示されるので、上記の言語と照らし合わせながら視聴してみよう。

なお、各国のアーティスト名は動画の説明欄に書いてあるので、気になる人は要チェック! ちなみに本動画で日本代表に選ばれたのは、千葉のラッパーJBMさんだったもよう。すぐ横には、練マザファッカーのリーダーD.Oさんの姿も確認できる。

それにしても、再生時間0:28~から始まるフィリピン(タガログ語)のラップは何度聴いてもカッコイイ。1:24~からのモンゴル語も想像以上にカッコイイ~! ……てな感じで、意外な発見があるはずだ。あなたはどの言語のラップがお好みかな?

参照元:YouTube
執筆:GO羽鳥

この記事の動画を見る

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス