最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

浮気かも…?と思ったらまず確認すべきポイント「彼を追求」は後回し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気かも…?と思ったらまず確認すべきポイント「彼を追求」は後回し

こんにちは、婚活FP山本です。

「男性の浮気」というのは、実によくある恋のトラブルですよね。

スマホを肌身離さなくなった、会えない時間が増えた、自分のではない香水の残り香がする……。そういった浮気の兆候を感じた時、あなたならどんな行動を取りますか?

今回は、浮気かもと思った時、真っ先に確認すべき大事なポイントについてお伝えします。

あなたの恋愛に、お役立てくださいませ。

確認すべきは真実より自分の気持ち



まずは結論から。浮気を疑った時、多くの場合では「本当に浮気しているのかどうか」という真実を確認しがちですが、それより前に「自分の気持ち」を確認することが重要です。

自分の気持ちとは、つまり「彼氏が本当に浮気していたらどうするのか」になります。

徹底的に責めて2度と浮気させないようにするか、あるいは別れるか、どちらかになります。

まずは自分の気持ちをしっかり整理し、確認しましょう。そして、正しい判断を下すためにも、キッチリ調べて真実を追求することが大事です。

もし、どちらも選べないのなら、今回の浮気疑惑については、忘れる努力をした方が賢明といえます。

なぜなら、心の準備ができていない状態で決定的な証拠が出てくると、人は正しい判断ができなくなり、それは大抵の場合「後悔」に繋がるためです。

それに、あやふやな気持ちのままでは、彼への応対にも変化が出ます。

彼本人に「浮気してない?」などと何度も聞いてしまう場合、仮に彼が浮気していなかったら、それこそ破局に繋がりかねません。疑われて嬉しい人間などいませんから。

まずは、優先順位にご注意を。

シンプルかつ効果的な確認方法は「マネ」



ところで、どうして彼が浮気しているかも……と疑ったのでしょうか?

明確な統計がある訳ではありませんが、特別に嫉妬深いタイプを除いて、女性の勘はよく当たります。女性が浮気しているかもと思った場合、基本的に彼は本当に浮気しているでしょう。

とはいえ、本当に浮気していたとしても、それを確認するのって難しいですよね。彼氏だって当然ながら、警戒しているはずですから。

そんな時に意外と引っかかる男性が多いのが、「模倣(マネすること)」という方法です。

例えば、彼氏がスマホを肌身離さなくなったのが兆候なら、あなたもそうしてみましょう。

浮気していなければ何も思わないのが普通ですが、もし彼氏が浮気しているならば、「俺だけじゃなく、彼女も浮気してる?」と、墓穴を掘るかもしれません。

もし疑いをかけてくるようなら、「なぜそう思ったの?」と返せば、あとは自然の流れでボロを出すでしょう。

仮にボロを出さなかったとしても、浮気はほぼ確定ですから、破局を武器にすれば怖いものはありません。徹底的に追及しましょう。

もちろん、心の準備はお忘れなく。

気持ちが固まらないまま疑いフラれた女性



私の知り合いに、20代前半の独身女性、アズサさん(仮名)がいました。

アズサさんは中堅企業に勤める方で、日々忙しく仕事をこなす傍ら、週末には彼氏とのデートを楽しむ普通の女性です。周囲から見ても、本当に充実した日々を送っておられました。

そんなアズサさんから、ある時突然に相談を持ち掛けられました。

内容は、まさに「彼が浮気してるかも」というものです。聞けば最近、週末でも会えない日が増えたとのこと。

私は浮気の真偽よりも、自分はどうしたいのかを先に決めるようアドバイスしました。

しかし……パ二くったアズサさんはアドバイスを無視。何度も彼に確認LINEを送ってしまったそうです。

ちなみに「浮気してない証拠」など、意外と出せないものです。きっと彼氏さんは困り果てたことでしょう。

結局その後、疑われることに彼氏さんが疲れたのか、二人は破局してしまいました。

自分の気持ちを考えることは、自分の心を落ち着ける効果もあります。そして、女性がいかに鋭い勘を持つとしても、間違うことだってあります。

どうぞ落ち着いて、行動していきましょう。

まとめ



浮気かも……と思ったら、まずは浮気の真偽より「自分はどうしたいのか」を確認しましょう。時には忘れることも重要です。

その上で、疑心が取れなかったり、浮気が本当の可能性が高かったりするならば、彼の行動をマネして揺さぶりをかけることが効果的だといえます。

(婚活FP山本/ライター)


外部リンク(yummy!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス