主婦必見! ネットショッピングの損得とは?

カナウ

2018/12/7 14:30


主婦必見! ネットショッピングの損得とは?

こんにちは、婚活FP山本です。
お買い物の半分くらいはネットショッピング……という女性も多いかもしれません。
とくに、お子さんがまだ小さかったり、親(義親)の介護をしなければならなかったりして、なかなか自由に外へ出られない方もいるでしょう。
ただ、送料がかかるのはもちろん、商品を手に取ってみられないための失敗も多いはず。
ネットショッピングは実際のところ、得なのでしょうか? それとも損でしょうか?
今回は、そんなネットショッピングの損得についてお伝えします。
あなたの生活に、お役立てください。

ネットショッピング最大の得はポイントと手数料



ネットショッピングとリアルな買い物のどちらが得なのかは、すぐに答えが出せないもの。
ですが、少なくとも『クレジットカードのポイントがつく』という点は、ネットショッピングのほうが得です。
一般的なネットショッピングはカード決済ですから、これは現金払いにはないメリットです。
また、あまり現金を使わなくなるということは、そのまま『ATM手数料の節約』にもつながります。
人によってATMを使う頻度は違いますが、頻度の高い人ほど相当な手数料を払っていますから、これを節約できるのは大きなメリットです。
そして実は、家計管理の点でも役立ちます。
明細の出し方はカード会社によって違いますが、少なくとも『いつ・いくら使った』が分かりますので、家計簿をつけていない方にとっては、簡易な家計簿代わりになるでしょう。
ちなみに、出歩くのにバスや電車、車を使う方にとっては『交通費の節約』にもつながります。
近くに歩いて行けるようなスーパーがないという場合、食品の買い物は毎日必要ですから、得をするはずですよね。

ネットショッピングの注意点は買いすぎと家計管理



ただ一方で、『買いすぎ』には注意が必要です。
一般的なネットショッピングの場合、『○円以上のお買い物で送料無料』といったサービスが多いため、どうしてもまとめ買いしてしまいます。
すると人は、ついつい余計なものまで買ってしまいがちに……
さらに、クレジットカード払いということは、実際の支払い時期が先になりますから、なおさら買い過ぎるかもしれません。
ネットショッピングは『ボタン一つで買える手軽さ』がウリですから、きちんと自分でブレーキをかける必要があります。
そして、購入時期と支払う時期が違うからこそ、『家計管理が難しくなる』点が、もっとも注意すべきポイントです。
これはネットショッピングにかぎらず、クレジットカードでの購入全般に言えることですが、『気づいたら赤字だった』は、実に多いトラブル事例なのです。

気づいたら赤字だったご夫婦をご紹介



私の相談者に、ともに30代前半の木村さん夫婦(仮名)がいました。
木村さん夫婦は共働きで、二人そろって年収は400万円ほど。
同時に普段は帰りも遅く、ちょっとでも手間を省きたいとの思いから、買い物は主にネットスーパーを利用されていました。
夫婦はけっして浪費家というわけではありませんでしたが、家計簿はつけていませんでした。
そして、どうやらネットスーパーを利用しているうちに、金銭感覚がおかしくなった様子……
一向に貯金額が増えない口座残高にあせりを覚え、私に相談に来られました。
私のアドバイスにより、一度家計簿をつけてみると、なんと世帯年収800万円もあるのに、ほぼ赤字だったことが判明!
原因は主に食費で、夫婦二人なのに月10万円を超えていました。
また他の支払いもカード払いが多く、夫婦そろって家計を把握していなかったのです。
今後は、出産やマイホーム購入も視野に入れたいとのことで、夫婦は頭と心を入れ替えて、節約を決意されました。
そしてネットスーパーの利用を極力ひかえ、家計簿をつけることに。
ネットショッピングの落とし穴にハマってしまう前に、家計管理ができていないご家庭は、便利なネットショッピングをひかえるべきかもしれませんね。

まとめ



買い物は、ネットショッピングのほうが『カードポイントがつく』『ATM手数料の節約』『家計簿代わり』『交通費の節約』という得がある反面、
買いすぎと家計管理に注意が必要といえます。
どこぞのCMではありませんが、ご利用は計画的にどうぞ。
(婚活FP山本/ライター)

公開日:2018年1月11日
更新日:2018年12月7日



あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ