最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

LAの道路を真っ白に塗りつぶす驚きのアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建物や道路が増え、木々の緑が少なくなったことによって、郊外よりも都心の方が気温が高くなる「ヒートアイランド現象」。他にも、エアコンなどから出る熱が一因になっていると言われています。

例えば、東京都では、屋上や学校の校庭を緑地化することや、雨水を蓄えることのできる道路を舗装することで、この問題に取り組んでいます。

温暖化の対策を講じているのは、どの都市も同じ。だけど、ロサンゼルス市のそれは、ちょっと変わっていました。

道路を真っ白に!



ロサンゼルス市のプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。従来のアスファルトでは熱を吸収してしまうから、少しでも逃がすために、太陽光を反射させるようにしたのだとか。

開発をしたGuardTop社によれば、白いインクは反射を促すものの、車やバイク、自転車を乗っている人への悪影響がない設計のようです。さらに、夜間では、視覚を確保しやすいという結果まで証明されているとのこと。

要するに、運転をしているときに「眩しい!」と思うこともないみたい。


道路だけでなく、駐車場などへの適応もOK。現段階での場所は限られていますが、数年後に観光に行ったときには、白いスポットが増えているかもしれません。ちなみに、ロサンゼルス市は、他のヒートアイランド対策をしながら、今後20年で気温を3℉(1~2℃)下げるのが目標なんだとか。

東京都のように緑地化を進めていくのも大切だけど、こういったナナメ上の発想でアプローチしていくのも、深刻化するヒートアイランド現象を解決するためのキーポイントになるのでしょう。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのときなんかにもアリかも。

Reference: 東京都環境局

Licensed material used with permission by GuardTop, LLC.


Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス