最高の彼氏をGETする!「社内恋愛」を上手に成就させるコツ

愛カツ

2018/1/11 21:00


同じ職場の男性とは毎日顔を合わせているので、深い仲にもなりやすい相手でもあるでしょう。

実際に、社内恋愛から始まって結婚へゴールインするというケースもとても多いものです。

そこで今回は、「社内恋愛」を上手に成就させるコツを紹介します。



■ ■「仕事」はちゃんと行う

そもそもの大前提として、仕事に真面目に取り組んで頑張っている女性に男性は惹かれるもの。
いつもサボってばかりいたり、適当な仕事をする女性は、それだけで印象がかなり悪くなるので、恋人候補には入れてもらいにくいはず。

仕事に対する姿勢は、その人の本質が見える部分でもあるので、その人のイメージや印象を大きく左右しやすいです。
みんなが嫌がるような作業も自ら進んで行うような女性だと、男性には健気で魅力的な女性に見えたりするものですよ。

■ ■自分から「話しかけるようにする」

職場の気になる男性との距離を縮めるためには、自分から積極的に話しかけることが大事。
話しかけてくれることが多い女性には男性も好意を持ちやすいですし、気軽に話しかけられるようにもなります。

話しかけるのは緊張するというのであれば、まずは毎日ちゃんと自分からあいさつをしたり、すれ違った際に声をかけたりすることから始めるといいかも。
重要なのは、あなたの方から声をかけるようにするということ。
待っているだけでは、あなたの好意に気づいてもらえないですし、興味も持ってもらいにくいですよ。

■ ■男性の「得意分野」で頼る

毎日一緒に同じ職場で働いていたら、気になる男性の「得意分野」もよくわかるはず。
パソコンに強いとか企画力があるとか数字に強いとか…。
とにかくその男性の得意な分野について頼ったり教えてもらうようにすると、男性も鼻高々でいい気分になれるものです。

また、自分の得意なものなどをちゃんとわかってくれている女性は、“良き理解者”という認識にもなりやすいです。
それはパートナーとしても必要不可欠な条件でもあるので、男性も少しずつあなたのことを意識するようになるかもしれませんね。

■ ■それとなく「帰宅時間」を合わせる

職場に気になる男性がいるのであれば、それとなく「帰宅時間」を合わせるようにするのはひとつの手です。
最寄りの駅まで一緒に帰ることが何度かあれば、自然と距離だって縮まっていくはず。

また、仲良くなっていったら、「軽く飲んで行かない?」なんて男性から誘ってもらえる可能性だって出てくるでしょう。
それはある意味デートみたいなものなので、男性もあなたを意識するようにもなりやすいかも。
ただ、毎日一緒に帰ろうとしたら、さすがにそれはちょっと気持ち悪がられてしまいますからね。

■ おわりに

忙しい毎日の中では、なかなか出会いにめぐり会えなかったりもするでしょう。でも、職場に気になる男性がいるのであれば、上手にアプローチをすることができれば、「社内恋愛」がスタートできる可能性も高くなりますよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス