【緊急事態】権威あるイスラム神学校がエビとカニの食事を厳重禁止 / 歴史的出来事にイスラム教徒に衝撃走る



1876年に設立された、ハイデラバード市のイスラム神学校「ユマ ニザミアハス」が、イスラム世界の常識が覆る衝撃的なおふれを出し、イスラム教徒たちのなかで衝撃が走っている。

・足や触覚があることから虫に分類
いままで魚介類としてひとくくりにされていたカニやエビだが、これらは節足動物であり、足や触覚があることから虫に分類。虫はマクルーフ(Makruh)的存在であり、不浄なるもの。よって、カニやエビを食べてはならないと宣言したのである。

・そのショックは大きい
いままで不通にエビやカニを食べていた人はもちろんのこと、エビやカニが大好物なイスラム教徒もいたはず。そう考えれば、それが二度と食べられなくなるわけで、そのショックは大きいに違いない。いや、それ以上に「いままで不浄なものを食べ続けていたのか」とショックを受ける人がいるかもしれない。

・ハラルフードの在り方
この「おふれ」がどれほど世界的に影響を与えるのかまだ未知数だが、権威あるイスラム神学校の宣言だけに、その影響が一部地区だけにとどまるということはないだろう。今後のハラルフードの在り方が大きく変化するかもしれない。





もっと詳しく読む: 権威あるイスラム神学校がエビとカニの食事を厳重禁止 / 歴史的出来事にイスラム教徒に衝撃走る(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/11/shrimp-and-crab-dishes-are-forbidden/



あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス