学校で出題されたナゾナゾに小学生が「深すぎる答え」! 先生が正しい解答を言い出しかねるほどの深さだと話題に



「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」と言うように、子供の何気ない言動から大切なことを教わったり、自分の未熟さに気付く大人も多い。

今回も、ある小学校の先生がナゾナゾを出題したところ、生徒から “ハッとするような答え” が返ってきたそうだ。その深さのあまり、先生も正しい解答を言いたくなくなってしまったのだとか……

アメリカ・カリフォルニア州の小学校に勤めているというブレット・ターナーさんが、ツイートして話題となったこの体験談。生徒たちに、“今週のナゾナゾ” として次のような問題を出題したときのことだ。

「私は全ての物の始まりで、全ての場所の終わりです。永遠の始まりで、時間と空間の終わりです。さて私は一体何者でしょうか?」

うーん、ナゾナゾとは言え結構難しそう。一体、生徒はどんな “深い解答” を返したのか? そして先生が言いだしかねてしまった “本当の解答” とは何なのか? 次のページ(https://wp.me/p25BsW-4dBa)で確認だ!

参照元:Mirror(英語)、Twitter @bretjturner
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ