【爆笑】昔の手紙の書き方で、とんでもない言葉が使われていた!!笑

ViRATES

2018/1/11 16:00

「拝啓」「敬具」などに始まり、日本の手紙ならではの言い回しや言葉、書き方などが多く存在する。仕事でよく使うという人出ない限りはなかなか普段使うこともないだろう。

そんな日本の手紙文化。昔の手紙の書き出しにとんでもない言葉が使われていたそうな。

 

 

 

 
なんと「死罪死罪」=「謹んで申し上げます」、「失礼します」の意で使われていたというのだ!!

学生の流行語のようなノリでとんでもないワードを・・・(笑)

低い目線から申し上げる言葉や姿勢が多い日本ならでは。

これには「FF外から死罪死罪」などと、Twitterユーザー達も大喜びだ・・・!!

 

 

 

 

 

 

 
めっちゃ明日から使いたい~!と思ってるそこのアナタ。

お互いに意味をわかった上で使わないと死罪になりかねないので気をつけるよう。

拙い記事死罪死罪。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス