松本人志、過去のツイートに赤面して後悔 「俺、何つぶやいてんねん」

しらべぇ

2018/1/11 17:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

気分が高揚してしまい、SNSに熱い思いを投稿をしてしまった経験はないだろうか。あとになって見直し、顔面蒼白になり後悔する…というケースも少なくないだろう。

10日放送の『クレイジージャーニー』(TBS系)で、ダウンタウン松本人志(54)が明かした「後悔したツイッター投稿」が話題になっている。

■『チキンライス』ツイートに疑問


番組冒頭、MCの小池栄子(37)が松本に「あれ聞きたかったんだ。あれ何だったんですか?」と、昨年12月24日に松本が自身のツイッターに投稿した内容について質問した。

そのツイートでは、松本が娘の前で自身が作詞した『チキンライス』を歌ったことを明かし、「彼女はどう感じたのかな。なにやら嫁が泣いてた。少し酔ってます。メリークリスマスです」と、温かい家族の様子をつぶやいていた。



しらべぇ既報のとおり、ファンからは「ステキな話ですね」「もらい泣きしました」と感動したとの声が数多く寄せられていた。しかし、照れ屋で有名な松本がこういった内容を投稿することに、小池は疑問を感じていたようだ。

■赤面して猛省の松本


小池からの質問に、松本は赤面しながら「朝、自分のツイッターを見て、汗だら~ってなったよ」と、当時の記憶がなかったことを明かす。さらに「事実は事実なんやろけど、『俺なにつぶやいてんねん』って思って」と恥ずかしくなったようだ。

そして「ほんとに皆さん、お酒を飲んでからのツイートはやめたほうがいいですよ。ほんとに怖い」と猛省し、注意を促した。

■酔って記憶をなくした経験は…


酔って記憶をなくし、翌朝に顔面蒼白になった松本だが、お酒で記憶をなくした人はどれほどいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,378名に「酔って記憶をなくした経験」について調査したところ、4人に1人が「経験アリ」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

全年代で男性のほうが多いことが判明。5、60代にもなると約半数の男性が記憶をなくしたことがあるようだ。

「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉があるが、松本の場合は酔っ払うと、少しばかりセンチメンタルになるのかもしれない。

・合わせて読みたい→松本人志と南原清隆がツーショット 「夢で逢えたら」が現実に

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス