最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

芳根京子、"気色悪い"と言われても「褒め言葉と受け取ってます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の芳根京子が11日、東京・ラフォーレ原宿で行われたフジテレビ系月9ドラマ『海月姫』(15日スタート、毎週月曜21:00~ ※初回15分拡大)の舞台あいさつに登場し、「気色悪い」を褒め言葉と受け止めていることを語った。

芳根京子

芳根演じるクラゲを愛しすぎてしまった筋金入り"クラゲオタク女子"の倉下月海が、瀬戸康史と工藤阿須加演じる兄弟と三角関係になって恋を知り、新しい生き方を見つけていく姿を描く同作。

劇中で、芳根は工藤に「気色悪い」などと言われてしまうが、「自然と『気色悪い』と言ってもらえるように気色悪いことをしようと思ってるので、"褒め言葉"と受け取っております」と笑顔で語り、罪悪感を持っていた工藤を安心させた。

ラブコメディの作品ということで、撮影現場は「本番中もみんなで笑いを堪えるのにすごく必死で、笑いが絶えないというよりも"爆笑が絶えない"本当に明るいすてきな現場です」という芳根。衣装がスウェットであることをが多く、「お家にいる気持ちでスタジオに入れるのは、すごい新鮮です」とリラックスして臨んでいる様子で、共演者に「なぞなぞ」を出題するのにハマっているそうだ。クラゲについて早口でまくし立てるシーンがあった日は「よく眠れますね」と達成感を明かした。

一方、月9初主演ということで、「正直怖い部分もある」と心境を吐露。それでも、「やれることは振り切ってやろうと監督と話をしていて、1話にある大福の粉を吹き出すシーンも、やってるうちにどこに粉を乗せればよく飛ぶかとか分かってくるんですよ(笑)。他にも、どうしたらここで月海が輝けるかなとか、感情が伝わるかなとか、方向性は違くてもワンシーンワンシーン監督と相談しながら、全力で挑んでます」と心意気を話した。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス