「今年こそお弁当!」派に捧ぐ! うずらの卵レシピ5選

レタスクラブ

2018/1/11 16:30

小さくてかわいいうずらの卵。水煮になって売っていることも多く、手軽に使える食材のひとつです。今回は、そんなうずらの卵を使ったレシピをご紹介。ミニサイズでかわいらしい見た目がお弁当にもぴったりです。

■ プチサイズが食べやすい「うずらのスコッチエッグ」

<材料2人分>

肉だね(合いびき肉…200g、溶き卵…1/2個分、牛乳…大さじ2、玉ねぎのみじん切り…1/4個分、パン粉…大さじ3、塩…小さじ1/3、こしょう…少々)、うずらの卵の水煮…4個、油揚げ…大2枚、サラダ菜…適宜、揚げ油、中濃ソース

<作り方>

1.油揚げはペーパータオルで表面の油を拭き、菜箸をねかせて押さえつけながら転がす。長さを半分に切って口を開き、裏返す。ボウルに肉だねの材料を入れ、よく練り混ぜる。

2.油揚げ1切れに肉だね1/8量を詰め、うずらの卵1個を入れ、さらに肉だね1/8量をぎゅっと詰めて、口を折る。残り3個も同様にする。

3.揚げ油を低温(約160℃)に熱し、2を入れ、約10分、時々上下を返しながら揚げる。揚げ油を高温(約180℃)に上げ、約1分揚げて取り出し、油をきる。サラダ菜とともに器に盛り合わせ、中濃ソース適宜をかける。

油揚げをころも代わりに使うので、パン粉や溶き卵の用意は不要です。切った断面がかわいいので、おもてなしにも。

■ さわやかな彩りがいい「うずら卵入りポテトサラダ」

卵とコーンの黄色が目にも楽しいレシピ。たまごのかたちが分かるように仕上げればよりかわいく仕上がりますよ。

■ 食感の違いを楽しむ「うずらの卵のチーズナッツグラタン」

シャキシャキしたアスパラとコリッとしたナッツの食感が楽しい。食材の味を活かすので味付けいらずのシンプル調理も魅力。

■ 燻製でうまみ凝縮でおつまみにも「スモークうずら」

スモークするだけで、うずらの卵がグッとごちそうに。そのままでもおいしいし、ピンチョスなどにアレンジしても。

■ ささっと作れる「わかめとうずらの炒めもの」

意外と決まった使い方になってしまうわかめを上手に活用。うずらの卵と炒め合わせれば、食もすすみますよ。

ころんとかわいく、切ると見た目がきれいなうずらの卵は華やかにしたい食卓にぴったり。おつまみにもどうぞ。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/130635/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス