最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

おすすめのセキュリティソフトは? 機能と製品を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パソコンを使う上で欠かせない存在が、アンチウィルスなどのセキュリティソフト。とはいえ、実際には「なんだかよくわからない」という大学生もいるのではないでしょうか? 一方で大学生活で使うパソコンがウイルスにかかってしまうなんて事態は避けたいもの、そこで、今回はそんな方に向けて、パソコン用セキュリティソフトの選び方やおすすめをご紹介します。

■そもそもセキュリティソフトって何?



まずは、セキュリティソフトとは一体何なのか、どうして必要になるのかについて詳しく解説していきましょう。現在発売されているセキュリティソフトの機能には、主に次の3つがあげられます。

セキュリティソフトの機能1.アンチウィルス

その名の通り、みなさんのパソコンに害を与えるコンピューターウィルスの侵入を防いだり、入り込んだりしてしまったものを駆除する機能です。現在では、パソコンのスイッチを入れると同時に起動し、稼働中はずっとウィルスの侵入を監視し続ける常駐型が主流となっています。

セキュリティソフトの機能2.ファイヤーウォール

ファイヤーウォールは、ハッカーなどがパソコンへ不正侵入することを防ぐ為の機能です。かつてはファイヤーウォール単体のソフトが主流でしたが、最近ではアンチウィルスとセットになっているものがほとんどとなっています。

セキュリティソフトの機能3.マルウェア対策

マルウェアとは、勝手に広告を表示したり、ユーザーが閲覧したページの情報を密かに外部へ送信したりといった「ウィルスほどではないけど、やっかいな存在」のソフトウェアです。こうしたソフトの侵入を防いだり、除去したりしてくれるのも最近のセキュリティソフトの機能の1つです。

以前はファイヤーウォールと同じように単体ソフトが主流でしたが、最近はアンチウィルスと統一されていることもめずらしくありません。セキュリティソフトを使わずパソコンをネットに繋いだ場合、余程ユーザーが気をつけていないと、気付かないうちに簡単にウィルスが入り込んだり、不正侵入されたりしてしまいます。一度侵入されると、今度はあなたのパソコンを踏み台にして他の人のパソコンを攻撃したり、ひどいときには企業のホームページなどにアタックしてダウンさせたりしてしまうことも。自宅に鍵をかけることと同様に、パソコンにもしっかりとしたセキュリティ対策が必要ということなのです。

■単機能型と総合セキュリティソフトのどちらがおすすめ?


単機能型と総合セキュリティソフトのどちらがおすすめ?

さて、前項でセキュリティソフトの主な機能について触れましたが、現在発売されているセキュリティソフトは、大きく分けて次の2タイプがあります。

セキュリティソフトの機能1.単機能型

アンチウィルスのみ、ファイヤーウォールのみといったように、機能を絞ったタイプのソフトです。当然価格は安価ですが、アンチウィルス・ファイヤーウォール・マルウェア対策ソフトをそれぞれ購入してインストールする必要があるため、初心者には少々不便ですし、金額的にも高く付くことがあります。ただ、すでに単機能型のソフトを持っている場合は、足りない分を購入するだけで済むので安上がりと言えるでしょう。

セキュリティソフトの機能2.統合型

アンチウィルス・ファイヤーウォール・マルウェア対策を1つのパッケージにまとめた、オールラウンダータイプです。こちらは1パッケージあたりの価格こそ高いものの、前述のように単機能型を複数組み合わせるより安くなっていることが多いので、最初の1歩としておすすめ。また、セキュリティソフトはその性質上、他メーカーのものと組み合わせると上手く動作しない場合もあるのですが、この統合型なら1つのソフトに全機能が備わっていますから、そうした心配も要りません。

みなさんの状況に合わせて選ぶことになりますが、初めて購入するということであれば、2の統合型が手っ取り早くておすすめです。

■無料のセキュリティソフトは、いったいどうなの?

パソコンの世界ではフリー(無料)のソフトが当たり前のようにあふれていますが、実はセキュリティソフトにも無料で提供されているものが複数存在します。こうしたソフトは、性能的にも有料のソフトと遜色ないものも多く、少しでも低コストで運用したい学生さんには強い味方です。しかし、安い物には必ず訳があるもの。例えば、操作がわからなくてもメーカーのサポート窓口では教えてもらえなかったり、ソフトが日本語化されていなかったりするなど、決して初心者向けとは言えません。

また、こうしたソフトは商用利用を禁じているもの多いく、その場合、例えば就職後に職場で自分のパソコンを使おうとするなら、改めて有償のソフトを買い直さなければなりません。このような事情から、少なくともこの記事を読む必要がないパソコン中・上級者になるまでは、無料のセキュリティソフトを使うべきではないでしょう。

■有償セキュリティソフトの代表的な製品

では、次に有償のセキュリティソフトの中から、代表的な製品をいくつかご紹介します。

・ノートンセキュリティスタンダード

セキュリティソフト大手「ノートン」の統合型セキュリティソフトです。その歴史は古く、なんと今から30年近く前の1990年にアンチウィルスソフトとして誕生したのが始まり。以来、世界中で多くのユーザーに愛用されています。よく、Google検索のことを「Google先生」なんて言い方をする方が居ますが、このノートンも古くからのユーザーの間で「ノートン先生」と呼ばれ親しまれる存在。入門用としてもおすすめです。

・マカフィーリブセーブ

ノートンと同じく、セキュリティ会社大手「マカフィー」が提供する統合型ソフトです。特徴は、インストール台数に制限がないこと。通常、この手のソフトは「1台のみ」や「3台まで」といったように、インストールして同時に運用できるパソコン等の台数が決まっています。しかし、このマカフィーリブセーブはそうした台数制限がないので、1つのパッケージで家族全員のパソコンを守ることができるのです。1人暮らしの方にはあまりメリットはないかもしれませんが、実家住まいの方は家族用のパソコンと一緒に使えるのでおすすめですよ。

■セキュリティソフトはパソコンとセットの商品を購入がおすすめ!


パソコンとセットの商品を購入がおすすめ!

セキュリティソフトはネット通販や家電量販店でも単体で売られていますが、これからパソコンを買おうと思っている方におすすめなのが、パソコンとセット販売になっているもの。単体販売のパッケージは、どのメーカーの製品を買おうか迷ってしまいがちなので、その時間を節約できるというメリットがセット販売にはあります。パソコンを購入するときはセキュリティソフトがセットになっているものを選ぶことをおすすめします。

いかがでしたか? 今回は初めての方向けにセキュリティソフトの役割や選び方などについて、簡単に解説してみました。パソコンはここ15年ほどで一気に身近な存在となり、今や大学生だけでなく、多くの世代にとって仕事や勉強に欠かせない物となっています。一方でセキュリティの面に関しては、まだ知識が浅いという人も。パソコンも適切なセキュリティ対策をして、正しく使うことがウィルス感染などの"怪我"を防ぐ上で大事なことです。みなさんも、この機会にぜひ、パソコンのセキュリティを見直してみてはいかがですか?

・執筆:D.Tokoi

IT・ガジェット関連を得意とするフリーライター。大学卒業後、一般企業での勤務を経てライターとして独立。さまざまなメディアで取材・執筆を手がける。好きな作家は吉村昭と内田百間。月に1回は遠出しないと気が済まない程の旅行好き。

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス