森川葵、『明日きみ』オフショットに可愛すぎるの声!

Entame Plex

2018/1/11 15:16



1月20日(土)よりスタートするテレビ朝日系ドラマ『明日の君がもっと好き』の公式ブログが9日に更新。女優の森川葵が「ちびっこマジシャン」になった撮影オフショットを公開し、ファンから反響を読んでいる。

同ドラマは、2017年10月にテレビ朝日の土曜よる11時に誕生した連続ドラマ枠「土曜ナイトドラマ」の第2弾。『君の名は』(NHK)、『氷点』(テレビ朝日)、『同窓会』(NTV)、『外科医 有森冴子』(NTV)などで知られ、時代を正確に切り取った鋭いセリフ回しに定評のあるベテラン・井沢満氏(72)がオリジナルで描くヒューマンラブストーリー。

テーマは、“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに、若者が恋をしなくなったといわれて久しい今、あえて“恋の面白さ”を語りかけていく。

主な登場人物は、4人の男女。「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原隼人)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代女性秘書・里川茜(伊藤歩)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅)、自身の性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く・丹野香(森川葵)。さらに、4人の恋路に首を突っ込む茜の妹・黒田梓(志田未来)も加わり、主人公たちはそれぞれにヒミツを抱えながら、結ばれたり、離れたり…を繰り返し、次に何が起こるかわからない“想定外”の恋愛模様を繰り広げていく。爽やかな恋の物語を連想させるタイトルとは裏腹に、複雑に入り組んだ男女関係をとがった視点で描写。刺激をたっぷりはらんだ展開が続く、まさに視聴者の予想の“斜め上”をいく新感覚のヒューマンラブストーリーとなっている。さらに、登場人物それぞれの仕事観や、人知れず抱えた心や体に関する煩悶、家族との葛藤など、さまざまな要素を交えた濃密な人間ドラマを展開。恋愛だけではない、上質で味わい深いエンターテインメント作品を目指すという。

「ちびっこマジシャン」と題して更新された公式ブログは、「『って白洲迅くんに言われました』 と葵ちゃん」と綴りはじめ、「たしかに。たしかに、たしかに!!!ってことでこちら、森川葵 改め、『ちびっこマジシャン』です」と黒のハットを被り、赤の蝶ネクタイに黒のタキシード姿をし、まるでマジシャンのような姿でノリノリにポーズをとっている可愛すぎる森川の撮影オフショットを公開した。



そして、「ちびっこマジシャン」と名付けた白洲とのツーショットも公開。「『ちびっこだな~』と言いながら頭ポンポン 仲良しな現場ですっ」とツーショット撮影時のエピソードも明かしている。

ファンからは「葵ちゃんかわゆい…」「身長差がすごいですね とても素敵です!」「私にも頭ポンポンしてほしいー!」「ちびっこマジシャン可愛すぎる!!」「身長差萌えっ」「二人とも仲が良さそうで微笑ましい」「マジシャン姿お似合いです!手品見たーい!」とコメントも寄せられている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス