「怒らない子育てに一番必要な物は」 投稿に、多くの親が「それな」

grape

2018/1/11 14:47


※写真はイメージ
よく耳にする教育法の1つに『怒らない(しからない)子育て』というものがあります。

教育評論家の尾木直樹さん(通称・尾木ママ)などが唱え、テレビや本、ネットなどで広まりました。

とはいえ、絶対に子どもをしからないわけではありません。「感情のままに怒るのはやめ、子どもにいい聞かせよう」という教育法です。

※写真はイメージ

5歳と1歳の母親である、かねもと(@kanemotonomukuu)さんが投稿したのは『怒らない子育てに必要なもの』。

いつも全力ではしゃぎ、いろいろなものに興味を持ち、時には信じられないような行動を起こす子どもたちに対し、親が『怒らない子育て』をするには、こんなふうにいう必要があるといいます。

「子どもの発想力ってすごいわね。ふふ、ばあや、お片づけはお願いね。じいやはこの子をお風呂に」

そして、その言葉を発するために必要な物とは…。

「5000兆円」というのはもちろん例えですが、心の平穏を保つにはある程度のお金が必要!

しかし、ある日突然大金が手に入ることはまずありえません。結果、『イライラ親』になってしまうのです。

多くの親から同意の声

・子どもがやらかして「あらあら」なんていえたことは一度もないです。必死すぎてキーキーしてました。

・「冷静にしからなきゃ」って分かってはいるけど、疲れてる時や忙しい時はそんなこといってられない・・・。

・子どもに怒ることに文句いう人は、当事者になってみてほしい。そんなこといってる余裕ないから。

・親だって人間だからね。感情的になっちゃうのは仕方ないよ。

・本当に、心の平穏を保つためにじいやとばあやが欲しい…。

時には心に余裕がなくなり、『叱る』ではなく、感情のまま『怒って』しまうこともあることでしょう。親も人間ですし、仕方がないことです。

となれば、『怒らない子育て』にもっとも必要なのは心の余裕。大金がない以上、心に余裕を持たせるには育児の協力者が必要です。

世の親が『イライラ親』にならないために、育児に協力的な社会になり、夫婦一緒の育児が浸透するといいですよね。

かねもとさんの『育児マンガ』はこちら!

この漫画のほかにも、かねもとさんは育児に関するイラストや漫画を投稿しています。ぜひ、ご覧になってください。

【かねもと(のむくう)】

ブログ:いっぱいかあさん
Twitter:@kanemotonomukuu
Instagram:kanemotonomukuu


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス