生駒里奈、大好き『NARUTO』のコスプレで感無量「勇気を与えたい」

テレビドガッチ

2018/1/11 13:30

乃木坂46の生駒里奈が11日、都内で行われたドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京系、1月12日スタート、毎週金曜24:12~)の記者会見に出席。プライベートでも大ファンだという『NARUTO -ナルト-』の主人公・うずまきナルトのコスプレで登場し、会場をわかせた。

テレビ東京金曜深夜のドラマ24枠の50作目を記念して放送される本ドラマは日本を代表する少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の全面協力を受けたオリジナル作品。名作漫画の裏にある編集者と漫画家の感動の秘話などが描かれる。

この日は主人公の月山浩史を演じる伊藤淳史が『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ、馬場徹が『北斗の拳』のケンシロウ、栁俊太郎が『ろくでなしBLUES』の前田太尊、佐藤仁美が『ドクタースランプ』のアラレちゃん、斉木しげるが『僕のヒーローアカデミア』のオールマイト、寺脇康文が『聖闘士星矢』の紫龍のコスプレで登場。

生駒は「わたしはジャンプが大好き。『NARUTO』も大好き。(コスプレを通じて)ただのオタクも頑張ればこうなれるよって自信のない方たちに勇気を与えたい」とコメント。単独でのドラマ出演は初だとも明かし、「そんなに苦労はないんですけど、お芝居というものの経験があまりないので、どうやればいいんだろうっていうより勉強中という感じでやっています。楽しくやらせてもらっています」とにっこり。一方、「自分が映っているのを見ると吐きそうです。見た人に不快な思いをさせないように頑張ります」とも語った。

また、自身の『NARUTO』愛も相当なものだといい、「2話が『NARUTO』の回になるんですけど、今、『NARUTO』の連載は終わってしまって、わたし自身はナルロス中。自分も知らないエピソードがたくさんでてきて、撮影をしながらこの脚本すごいなって思いました。新しくジャンプを読んでいる感覚でした」としみじみ。

そして、「50周年のジャンプに対してわたしはまだ22歳。この漫画もジャンプだったんだっていう新しい発見も撮影を通じてあります。寺脇さんとかジャンプ世代の人にいろいろと教えてもらいながらやっていまして、家庭でも3世代の家族でそういう楽しみ方をしていただきたいです」と嬉しそうに本ドラマをアピールしていた。

あなたにおすすめ