チーズに具材を絡めて味わう「チーズタッカルビ」

ぐるなび

2018/1/11 12:10

1月10日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、新宿区・新大久保の穴場神社を散策した中で、「市場タッカルビ」(東京都新宿区)が紹介された。

同店は、JR・新大久保駅から徒歩3分程にある韓国料理店。新大久保で大ブームとなっているという「チーズタッカルビ」(1,980円)を味わうことができるお店で、時には5時間待ちもあるという人気店だ。「タッカルビ」は鶏肉や野菜などを鍋や鉄板で甘辛く炒めた韓国の家庭料理で、そこにチーズを加えたのが「チーズタッカルビ」だ。モッツァレラチーズとチェダーチーズがたっぷり入った2種のチーズに鶏もも肉、野菜、トッポギなどで絡めて頂く一品だ。具材をチーズの上で転がし10cm位持ち上げ頂くのがお店のオススメの食べ方なのだとか。

渡辺正行さんが鶏もも肉にモッツァレラチーズを絡めて頂くと「おいしい!すごいチーズでまろやかになるんですね・・・韓国料理というと辛いイメージがありますけどこれですっごいまろやかになって・・・」と絶賛。鶏もも肉にチェダーチーズに絡めて頂くと「チーズが違うだけで味が変わりますね・・・うん、おいしい」とコメントした。「チーズタッカルビ」のもう1つの楽しみは、チーズを焦がすことで、チーズのお焦げが楽しめる点だ。渡辺さんが焦げたチーズを頂くと「また風味と食感が変わりますね、色んな風に楽しめるんだ」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス