エビ中小林歌穂 単独主演ドラマの主題歌『日記』を配信スタート

dwango.jp news

2018/1/11 10:21

年明け1月3日、4日の二日にわたって日本武道館にて“大学芸会”(ワンマンコンサート)を開催し、満員御礼の大盛況で終えたばかりの私立恵比寿中学(略称:エビ中)。
1月3日のメンバー廣田あいかの転校(卒業)を受け、4日より6人の新体制で稼働したエビ中だが、メンバー小林歌穂が初単独主演する連続ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」の主題歌楽曲『日記』を、1月11日(木)の放送開始にあわせ、ドワンゴジェイピーなどで配信がスタートした。
同ドラマは、エビ中が主演をつとめたテレビ東京系の「甲殻不動戦記ロボサン」や、エビ中舞台「シアターシュリンプ」シリーズでタッグを組んだ土屋亮一(シベリア少女鉄道)が書き下ろしたオリジナル作品で、小林が演じる東京下町の古びた家の娘・町山マチ子と、加藤雅人演じる兄・町山タモツが兄妹2人暮らしで繰り広げる人間模様をワンシチュエーションで描いたドタバタ人情コメディ。
「日記」JK写
楽曲は、以前クレアラシルのTVCMにも起用された『面皰』(3rd full Album『穴空』収録)を手掛けた吉澤嘉代子が再びペンをとり書き下ろした新曲。ドラマの世界観を掬い取った新しくも懐かしい作品に仕上がっている。
6人体制のエビ中として新曲『響』を日本武道館で発表したばかりのエビ中が、新たにドラマ主題歌も発表と、攻勢を続ける彼女たちから目が離せない。
(C) 2018 「また来てマチ子の、もう恋はたくさんよ」製作委員会

あなたにおすすめ