最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【激ウマ】タモリが絶賛した立ち食い蕎麦があまりにも絶品だった件 / 日本橋の鰹節屋直営店「そばよし」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

日本の忙しいビジネスマンにとって欠かせない飲食店といえば立ち食い蕎麦ではないだろうか。駅の周辺に店舗を構え、瞬く間に蕎麦やうどんを茹でて提供してくれる立ち食い蕎麦屋は、移動のついでに短時間で食事を済ませることができる。短時間で食事を済まさなければならない状況は良いことではないかもしれないが、立ち食い蕎麦の存在に助けられている営業職の人などは多いはずだ。

味は二の次になってしまう


短時間で食事を済ませることが一番の目的となる立ち食い蕎麦屋では、正直なところ味は二の次となる。スピーディーな接客や、財布への負担の少なさが最優先されるのだ。しかし、当然ながらスピードや価格を重視しながらも、味は美味しければ美味しいほど良い。


タモリが絶賛した立ち食い蕎麦


ところが、食通で知られるタレントのタモリさんを唸らせた立ち食い蕎麦屋が東京・日本橋にあるという。NHKの人気番組『ブラタモリ』で店舗を訪問し、その味を絶賛したというのだ。タモリさんが絶賛するならその味に間違いはない。立ち食い蕎麦なのにウマいだなんて最高としか言いようがないじゃないか。記者は早速その店に足を運んでみることにした。


日本橋「そばよし


雨がぱらつくあいにくの天気の中、東京メトロ・三越前駅から歩くこと数分。首都高速1号線沿いに見えてきた立ち食いそば店「そばよし」こそが、タモリさんが絶賛した店だ。



店頭に掲げられたメニュー表を見る限り、至って普通の立ち食いそば屋である。むしろ、日本橋という立地を考えれば格安価格かもしれない。なんせ、かけそば1杯290円、きつねそば1杯350円である。安いのはもちろん嬉しいが、本当に良心的な価格の店なのにタモリさんを唸らせる味の蕎麦が出てくるのだろうか? そんなことを考えてしまうが、建物の2階部分に掲げられた看板を見て納得させられた。


鰹節問屋の直営店


なんと「そばよし」は鰹節問屋の直営店であり、化学調味料は一切不使用。極上の鰹節を使ってつゆを作り、さらに麺は自家製麺だというのだ。問屋が直営しているのであれば、極上の素材を安価で入手できるというのにも納得である。

そんなこんなでパシャパシャと写真を撮影していると、悪天候にも関わらず続々と人が押し寄せてきて、今にも店の外まで行列ができそうになってきた。慌てて店内に入り、かき揚げ蕎麦(410円)と半ライス(90円)の食券を購入した。

これがタモリさん絶賛の蕎麦


食券をカウンターで手渡すと、手際よくかき揚げ蕎麦と小ライスが提供された。なるほど、これがタモリさんを唸らせた蕎麦か……!



お盆を受け取り、カウンターまで運ぶ間にどんぶりから鰹節の心地よい香りが漂ってくる。匂いからしてウマそうである。しっかり揚げたてのかき揚げもウマそうだし、これは期待大!


麺の風味も良し! これは間違いないウマさ!


混雑してきた店内でどうにか場所を確保し、麺が伸びてしまってはいけないので急いで箸を取り、ズズズッと麺をすする。……ぬおっ、これは良い……!! 麺をすすった瞬間に鰹の香りが口の中いっぱいに広がり、鼻から抜けていく感覚。醤油の味が濃すぎることもなく、鰹の素材を完璧に活かしている感じだ。


さらに自家製麺の蕎麦のクオリティも素晴らしい。細打ちの麺はツルツルと食感がよく、鰹の風味がいっぱいに広がる中でもしっかり存在感を発揮している。立ち食い蕎麦でここまでのクオリティを出してくるとは凄すぎる。こりゃ、タモリさんも絶賛するわけだ……。

「おかかごはん」も最強のウマさ!


そして「そばよし」にはもうひとつの目玉商品がある。それは鰹節直営店ならではの「おかかごはん」で、記者が小ライスも注文したのはそれを食べるためだ。



半ライスまたは通常盛りのライスを注文すると「粉かつお」も一緒に提供される。これは工場で鰹節を作った際に出た粉末で、これをご飯にふりかけ、少量の醤油と一緒に食べると絶品なのだという。



鰹節を使ったつゆの時点でウマかったのに、鰹節そのものをたっぷりと振りかけたご飯がウマくないはずがない。食べた瞬間に口の中は鰹でいっぱい。まるで口の中で鰹を飼育しているかのようだ。醤油数滴というシンプルな味付けがまた良い。あまりのウマさに、口に含んだ瞬間に思わず「ハフンッ」と声を漏らしてしまった。おかかごはんだけでも満足できるレベルで素晴らしい。すなわち、蕎麦と小ライスでのおかかごはんのセットこそが最強なのである!

気がつけば行列ができていた


記者が食事を進めていると、いつの間にか店の外にまで行列ができていたが、食べ終えるまでの数分の間にその列は消えていた。立ち食い蕎麦屋なのでお客さんの回転も非常に早く、多少並んでもすぐに食事をすることができるのだろう。どんなにウマくても食べるまでに時間がかかってしまうのなら問題だが、その点も心配無用といったところだ。

タモリさんが絶賛した立ち食い蕎麦屋は、日本橋周辺に勤めるビジネスマンが羨ましくなるレベルの店であった。こんな店が職場の近くにできたらいいなあ。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス