「こんなところに!?」 2018年の年賀はがきに、驚きの『隠し文字』が

grape

2018/1/10 15:19

毎年、その年の干支にちなんだデザインがほどこされている『年賀はがき』。2018年は『戌年』ということで、犬が描かれていましたね。

2018年の年賀はがきに、複数の仕掛けがほどこされていたことを、ご存知ですか。

隠し文字がいっぱい!

国内外のさまざまな切手を紹介する日本郵趣協会(@kitteclub)が、2018年の年賀はがきに関する驚きの情報を公開しています。

対象となるのは、日本郵便が発行したインクジェット紙のもので、犬の顔が描かれた切手が印刷されている年賀はがきです。

まずは、切手部分の犬の鼻にご注目ください。よく見てみると…なんと、鼻の部分にカタカナの『フジ(富士)』という文字が隠れていました!

さらには、消印の部分にも、驚きの仕掛けがありました。

犬の足跡のツメ部分にアルファベットの『FUJI(富士)』の文字があります。ここまでは、気付いた人もいたかもしれません。

大多数の人が見逃してしまいそうな文字が、『年賀』表記の下にもう1つ隠されているのですが…。

あなたには分かりましたか。それでは、正解をどうぞ!

『年賀』表記の下にある、『2018』と印字された部分の周りをご覧ください。

ジッと目を凝らしてみると、「あけましておめでとうございます」という挨拶文が印字されています!!

とても細かい工夫の数々に、驚かされますね。年賀状が手元にある人は、自分の目で確かめてみてはいかがですか。

毎年、工夫をこらしたデザインで、私たちを楽しませてくれる年賀はがき。

次はどんな仕掛けで人々を驚かせてくれるのでしょうか。次の年が待ち遠しいですね!


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ