最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

謎単語だらけのクイーン『ボヘミアン・ラプソディ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」



クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」には英語という感じのしない耳慣れない言葉がいくつか登場します。

スカラムーシュってなに。ガリレオ何回いうねん。

ひょっとしたら、この特異な世界観を形作る重要なキーワードなのかもしれません。

そんな謎な単語群をこの機会にあたってちょっと調べてみました。

オペラ文化圏の言葉たち







スカラムーシュとは古いイタリア歌劇で、からいばりする道化役者のこと。

転じてからいばりする臆病者やホラ吹きのやくざ者などの意味を持つようです。

ガリレオは17世紀前後に活動した著名なイタリア人天文・物理学者、ガリレオ・ガリレイの名です。

一方、フィガロという単語は床屋や当たり屋などの意味を含んでいますが、ここではモーツァルトによるスペイン・セビリアを舞台にした歌劇『フィガロの結婚』の主人公、元理髪師フィガロを思い浮かべるのが妥当でしょう。

「ガリレオ・フィガロ」でひとつの名前になっている、あるいは「ガリレオ理髪師」といった解釈にすると深みにハマりますのでここでは採用しません。

次に出て来るマグニフィコはベネチアの貴族といった意味。

ここまでの単語から、イタリアやスペインなどのオペラ文化圏の香りを感じさせるものばかりという共通点が見いだせます。

少なくともこれら「オペラっぽい単語」の羅列は、このヴァースのオペラ感をさらに高めているのは間違いありません。

こうした効果以外とくに意味をなしていないというのが個人的見解ですが、それはさておき。

過剰なまでの演劇性







ここでは逃げたい主人公を(悪魔?冥府の?)声が阻み、それに抗議する(天の?)声との掛け合いが繰り返されます。

ビスミッラーとは「アッラーの名のもとに」という意味。

イスラム教徒が用いるフレーズです。





ママミアはイタリア語で直訳すれば「僕の母さん」ですが、英語の"Oh my God"のような間投詞でもあり、いずれにせよふたたびオペラ風味が出てきました。

次に登場するベルゼブブは、新約聖書に登場する悪霊の君主の名前です。

主人公が生死の境界で助けを求めるシチュエーション自体が歌劇的でもあり宗教的でもあります。

作者のフレディ・マーキュリーはその上で、さらにオペラ風味の単語や宗教的な単語を盛ることに躊躇しません。

この場面の演劇性が過剰なまでに高まることを選んだのです。

いずれにせよ風は吹く



フレディ・マーキュリーの両親はペルシア系インド人で、敬虔なゾロアスター教徒でありました。

ゾロアスター教はかつてペルシアで隆盛を極めましたが、イスラム教の侵入によりインドへと逃げ延びたという歴史的背景を持ちます。

ここにフレディがイスラム教に対する特別な感情があったとみて、ビスミッラーという言葉を用いたとする向きもあります。

しかしフレディがどの程度ゾロアスター教に傾倒していたのかは、本人の言及もなく定かではありません。





なにがあっても風が吹くことはやまない。

だから問題なんてないようなものなのさ、とでもいうようにこの曲は幕を閉じます。

主人公の魂は風に吹かれていったのでしょうか。

ところでゾロアスター教の伝統的な葬送は鳥葬、もしくは風葬だそうです。

もしかしたらフレディ・マーキュリーにとって風とは、死を想起させるものであったのかもしれません。

ちなみに彼自身の葬儀はゾロアスターの葬礼に則っておこなわれました。

彼の遺体は遺族によって風の中に散骨されたといいます。

TEXT:quenjiro

外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス