宮沢りえとV6・森田剛の交際順調ぶりを伝える「女性自身」「女性セブン」の“不自然”さ


下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

久々に楽しみにしている大河ドラマ『西郷どん』(NHK)。なんといっても林真理子(原作)・中園ミホ(脚本)だ。初回を見て期待どおり。次回以降も楽しみだが、松坂慶子と風間杜夫が夫婦役で、平田満も加わっているのを見るうち、頭の中で「蒲田行進曲」が流れてきた。

第396回(12/21~1/9発売号より)
1位「宮沢りえ V6森田剛と誓った未来――『左手薬指約束の指輪』&『堂々の大人キス』!」(「女性自身」1月16・23日合併号)
同「森田剛 宮沢りえ 年越し鍋の具材はどうする?」(「女性セブン」1月18・25日合併号)
参照「2018話題の芸能人カップルはこうなる!!」(「週刊女性」1月16・23日合併号)
2位「有働由美子アナ 夢と涙を繰り返し『今、朝の顔を降りる』理由」(「女性セブン」1月18・25日合併号)
3位「上原多香子 独占直撃撮 彼氏が周囲に漏らす結婚への高いカベ」(「週刊女性」1月16・23日合併号)

昨年クリスマス、“フライング結婚”発表をしたV6・岡田准一と宮崎あおいだが、それに続くジャニーズの結婚は、やはりこのカップルのようだ。そう、V6・森田剛と宮沢りえだ。

まず2人のラブラブ近況を大々的に報じたのが「女性自身」。昨年末、2人は都内のゴルフ練習場で変装もせずに堂々デート。しかもすごいのが、「自身」が掲載している写真の数々だ。

練習ブースでドライバーを持った森田と楽しそうに笑うりえ(その1)。さらにショットを打ち終えた森田と、それをスマホで写すりえを捉えた正面写真(その2)。極め付きとして、個室のソファで2人がキスをしているシーン(その3)まで収められているのだ。

凄腕、「自身」。いやいや、そうじゃないだろう。だって、(その2)の練習ブース正面から撮られた写真はどうやったの? 2人は個室(その3)へ通されたらしいが、そんな場所に簡単にカメラマンは入れるのか? いくら堂々デートとはいえ有名芸能人カップルが、誰か人が近くにいるのに外から丸見えの部屋でキスするか? これが「フライデー」(講談社)や「週刊文春」(文藝春秋)だったら頷けるが、しかし「自身」か――。

まあ、2人は事務所公認というやつなのだろう。かつて森田がAV女優だった美雪ありすと付き合っていた時は、事務所は猛反対したらしいが、権威主義というかゲンキンというか。さらに仲良しメディアもそれに加担し、後押しするという構図が浮かぶ。

実際、これまたジャニーズ仲良し雑誌の「女性セブン」も、同じく2人のラブラブぶりを報じている。「セブン」ではやはり昨年の大みそか、森田とりえ、そしてりえの娘が、またしても変装せず都心のスーパーでお買い物をする様子を伝えていて、記事には森田とりえの娘がいかに仲睦まじいかが強調され、“なんの障害もない”交際順調ぶりがアピールされている。

もう、決まりって感じ? 早速、「東スポ」あたりが、2月20日の森田の誕生日にゴールイン! なんて記事を出しているが、日程はどうであれ、そんな流れなんだろうな。

ちなみにジャニーズとは仲良しじゃない「週刊女性」も2人のことを記事にしていた。こちらも2人は幸せになれそうだが、しかし、りえに「別の恋の相手が出現する可能性も」だって。あっ、こっちはタロット占い記事だった――。

1月1日、スポーツ各紙が報じたNHK・有働由美子アナの『あさイチ』降板。ネットでは“辞めないで”コールも巻き起こり、あらためてその人気ぶりを見せつけたが、問題はその理由だ。スポーツ紙では早朝の『あさイチ』のほかに担当番組やナレーションもあり多忙すぎる、年齢的にも“そろそろ自分の時間がほしい”などと報じられているが、それは「セブン」記事でも同様だった。加えて「この先50才を過ぎて女ひとりで生きていくことを真剣に考えたんじゃないでしょうか」「いつまでも現場にいることで、若いアナウンサーの活躍の場を奪ってしまっているという考えもあった」「管理職として局に貢献していく」など、降板に対する有働アナの前向きさが紹介される。

確かに有働アナは、アナウンサーとしてだけでなく、局内の政治力も抜群だ。これまで何度も男性スキャンダルが浮上し、また独立説も取りざたされたが、歴代の会長から寵愛を受け、NHK内で出世街道をひた走ってきた人物でもある。“初の女性会長”も夢ではないとまで囁かれてもいるのだ。女性として、またNHKのためにも是非実現してほしいと願う。しかし、「セブン」の記事には、『あさイチ』降板とは全く別のある驚きのエピソードが紹介されていたのだ。

それが昨年末、都内の料理店で有働アナと脚本家の三谷幸喜が2人きりで4時間にわたり食事をしていたということだ。いやいや、有働アナと三谷は仕事でしょ。三谷脚本の『真田丸』で、有働アナはナレーションを担当していたしね。ない、ない。素直に考えればそう思う。しかし記事には食事後の2人の怪しすぎるこんな行動が描かれているのだ。

「4時間ほど食事を楽しむと、有働アナは店の正面玄関から、男性(三谷)は裏口から、わざわざ時間をずらして警戒した様子で店を後にした」

怪しい。なぜそんなに警戒する必要があるのか。しかし「セブン」は2人の関係を「よほど信頼関係があるんでしょう」などと、1つの突っ込みもなくスルーしているのだ。女性週刊誌としてもありえないだろう。そもそも2人が食事したこの時期、有働の『あさイチ』降板も明らかになっていない。なのに、なぜ「セブン」は有働アナを、もしくは三谷を張っていた? 偶然?

2人の関係も怪しいが、「セブン」記事もかなり怪しい。

元夫の自殺の原因が、自身の不倫だったことが明らかになった元SPEEDの上原多香子。騒動のため、事務所からの給与もほぼゼロなどと伝えられ、高級マンションからの引っ越しも余儀なくされた。現在恋人で演出家のコウカズヤと同棲しているが、収入格差もあり結婚は難しい。って、そんなわかりきった記事を新年号でトップにする「週女」。さらに2人を直撃までしている。すごい弱い者いじめ感のある記事。女性が不倫すると、ここまでやられる。

あなたにおすすめ