最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「考えてはいるけど…」憲法、国防のことは話しづらい?新成人たちの気持ちは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8日、全国で123万人の若者が成人の日を迎えた。北朝鮮の脅威が論じられる中、新成人たちは国防についてどのように考えているのだろうか。国防の最前線で働く若者からは

 「自衛隊に2年間勤めてみて思ったのは、日本という国を守りたい、役に立てるようになりたいと思いながら、今はこれから生きていくにあたっての節目としてこの式を迎えたいと思っている」(金沢市の自衛官の男性)

「武力というのは相手を倒すものではなく、なぜ持っているのかというと日本を守るために持っているものなので、最終手段ではあるが持つことは最低限必要だと思う。抑止力が大切だと思うので、自分たちは戦争をしないとしっかり周りの国にアピールすることで周りの国もそれを意識してくれて戦争がない世の中になると思う」(北九州市の自衛官の男性)

という意見も聞かれた。その一方、AbemaTV『AbemaPrime』に出演した慶応義塾大学2年生の外塚天音さんと同1年生の海老原紗衣さんは、

「最近は北朝鮮だったり、今まで身近に感じていなかった国防というものがグッと身近に感じられるようになった。だからこそ、今の自衛隊にはできることが限られているので戦争はなるべくしないという方向で改憲した方がいいのではないかと思う」(外塚さん)

「改憲については賛成。戦争すべきだと言っているわけではないが、解釈で変更していくような曖昧な状態ではなく、自衛隊に戦力を持たせるのであればきちんと明記するべきだと思う。私の父親も沖縄出身だが、米軍基地が必要なのは日本国民全員だと思うので、沖縄の個の問題として考えるのではなく、日本全体で議論すべき」(海老原さん)

という意見が上がった。報道を元に自分なりの考えを持ち、意見をしっかりと述べてくれた二人だが、普段は学校で国防について議論することはあまりないと話す。

 「家でニュースを見る際に家族で話したりすることはある。同級生と話すことはあまりない」(外塚さん)

「若者はわかりやすいニュースに飛びつきがちなので憲法改正とか国会で話し合っていることとかがよくわからないという理由で、あまり友達同士で話さないのだと思う。私は親とかと話す。親だと、無知をさらけ出して質問しながら話せるので、親との方が話しやすい」(海老原さん)

 成人になってちょうど1年が経った元NMB48の須藤凜々花は「国防のことは全然わからなくて、勉強したいなと思うけど、その気持ちをどこに持っていったらいいのかわからなくて。色々な媒体で情報を見たりはするが、浅い話で終わってしまう。『金正恩が35歳になった』というニュースでも、『35には見えないよね』という話をして終わってしまったりする。深い議論までたどり着きたい気持ちはあるが、そういう機会や場所があまりないので悶々としている」と話す。

 若者たちの話を受け、ウーマンラッシュアワーの村本大輔は「僕も色々な人に国防について聞いているが、『うっ、何なの急にその話』という雰囲気の時があったりする」と指摘、慶応義塾大学特任准教授の若新雄純氏は「親や教師から"お前の人生は"とか"お前の将来は"と言われることはあっても、"国の"と言われることはない。ここ数十年、国ではなく個人がどう成功し、幸せになるかは言われてきたので、いきなり言われても、"国家って何?"となってしまうのだろう」とコメント、「教科書で暗記してきていることは使えなかったりするし、友達と話す時ですら間違ったことを言ったり、無知をさらけ出すのが恥ずかしい。憲法のことを話すのに無知でもいいとか、全員知らないというところからしゃべってもいいという文化ができればもっとしゃべれる気がする」と話した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶『AbemaPrime』は月~金、21時から放送中!

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス