恋愛対象から外れちゃう!お酒の席でのドン引きエピソード

愛カツ

2018/1/8 18:00


飲んで気が大きくなってしまうのには要注意。デートでお酒を口にする時はもちろん、それ以外の場合でも知らない間に異性にドン引きされているケースも。「酒癖悪い女」に見られてしまう行動とは?


会社の飲み会でハグ
「社内恋愛を経て別れたばかりのカップルがいるのですが、その彼女の方が会社の忘年会で、手当たり次第に男性とハグするのを見て周囲はドン引き。その元カレは仕事ができることで一目置かれているうえ、すでに新しい彼女ができていることもみんなに知られているので、『寂しいのかな』『必死だね』とヒソヒソされていました」

会社の人は仲良く見えても友達ではないのは当然のこと。しかも、年齢的にも幅広いので「友情のハグ」なんて言っても通じないことも。このケースでは失恋直後という事情もあいまって、かなり周囲を微妙な雰囲気にさせてしまったようです。社内恋愛で次の相手を探すにしても、かなりのマイナス評価になりそうです。
初デートなのに泥酔
「いいなと思ってたコとの初デート。初回は仕事帰りということもあって、ちょっといいバーで軽く飲みながら話をして、仲良くなれたらいいなと思っていました。ところが、彼女は大量にお酒を飲んで泥酔。落ち着いたバーなのに周囲の目が痛かった……。あとで聞けば「緊張してた」ってことなのですが、自分のお酒の量は把握してほしい」

「自分がお酒好きなので、お酒の飲めるコがいい」という男性は確かにいます。でもそれは「仲良くなるために一緒にお酒を楽しめるコがいい」という意味で、酒豪がいいということではありません。ほろ酔いは可愛げがありますが、デートでの泥酔は百害あって一利なしです。
みんなで飲んでるのに逆ナン
「男女含めた友達グループで飲んでいたのですが、そのうちの1人がどうもつまらなそう。みんなが話してるのに、自分はスマホ見てたりね。そのうち、他のグループの男に声をかけて、そっちのテーブルに移動して飲み始めました。みんな『なんかもういいんじゃね……?』という雰囲気になり、ふと見たらそのテーブルの男とキスしてたので、置いて帰りました。『どうしてもタイプだったから』ってことらしいのですが、見境なさすぎて友達としてもちょっとね」

もともと恋愛対象じゃない女子に対しても「あまりに酒癖が悪いと引く」という男性が多数派です。このケースは女子友もいる前でのことなので、その後彼女は飲みの席に誘われることも減り、「誰か紹介して」というオファーにも応えてくれる人はいなくなったそうです。「酔うと何でもよくなるっぽい」と思われることは損しかない様子。

楽しく酔えれば人との距離を縮めてくれるお酒ですが、ちょっと失敗すると「これが本性か」と誤解されてしまうことも。飲みすぎにはくれぐれも注意です!(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ