最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

木村拓哉「直撃インタビュー記事」が与える影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画/彩賀ゆう

元『SMAP』の木村拓哉が、1月スタートの連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の撮影中に、一部週刊誌の取材を受けて心境を語った。ここにはジャニーズ事務所の“焦り”が見られるという。

おととしのSMAP解散騒動時に、木村は早々にジャニーズ事務所へ残留することを表明したため、これがSMAPの解散のきっかけとなったという見方をされ、解散以降は“戦犯扱い”されていた。今回、写真週刊誌『フライデー』の独占取材を受けた木村は、いま置かれた状況について心境を語ることはなかったが、この直撃に波紋が広がっていることは確かだ。

「解散騒動からインタビューをほとんど受けてこなかった木村を、何とか取材したいという週刊誌やスポーツ紙などは山ほどありました。しかし今回、あえてあまり仲がいいとされていないフライデーで掲載された。ジャニーズも『聞いていない』と怒っているようですが、それ以上に、これまでジャニーズの意向に沿って報道をしてきたメディアの関係者も怒っています」(出版関係者)

垣間見えるジャニーズ事務所の戦略


ただし、実はここにはもうひとつ、ジャニーズ事務所の思惑があったとも言われている。別の出版関係者はこう語る。

「事務所も木村のイメージダウンを何とかしなければいけないと焦ってはいるのです。だから、何か対策を打たなければいけないと考え、うまい具合にインタビューを出せないかと戦略を練っていたと言われています。今回のフライデーの直撃が、ジャニーズの描いていた戦略のひとつだったのかどうかは分かりませんが、木村が自らの口で話したことにより、コメントにジャニーズの力は介入していないと見られるし、敵対するマスコミにも話すんだという好印象も与えられる。結果的にはよかったのではないでしょうか」

今回のインタビューで木村の印象を大きく変えることができたとは言えないだろうが、1月からのドラマには少しいい影響が出るかもしれない。


外部リンク(まいじつ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス