嵐・櫻井翔、2017年一番恥ずかしかっ た話を明かす「乃木坂46と…」

Jnews1

2018/1/7 09:35

1月1日の日テレ系「新春スッキリ2018 ZIP!と初夢コラボSP」にがVTR出演し、櫻井翔くんが恥ずかしかった話を明かしました。

2017年一番恥ずかしかった話


この日、VTRで登場した嵐。櫻井くんが“2017年に一番恥ずかしかった話”というお題でトークをすることに。

櫻井くんは昨年11月28日の音楽特番「ベストアーティスト2017」でのエピソードを語ったのです。

櫻井くんによると…

「『ベストアーティスト』で。オンエアの映像を確認していただきたいんですけど、乃木坂46さんと嵐がコラボさせてもらって。彼女たちが一生懸命踊ってくれたんだけど。本番のときにね、彼女たちが振り返って僕らとすれ違って皆でハイタッチして(っていう段どりだったの)。『その方が一体感が出るからね』なんつって。ハイタッチしてすれ違うシーンがあるんですよ」

「ベストアーティスト」で乃木坂46とコラボした際。曲中に嵐メンバーと乃木坂メンバーの立ち位置が変わってすれ違う際にハイタッチをする、というパフォーマンスを見せました。

櫻井くんは…

「本番では、やっと、やってもらえたんだけど。俺、リハーサルですれ違う時、何気なく(ハイタッチしようとしたら、乃木坂の)みんな、緊張して俯いちゃって。俺、ずーっと(頭をかくフリして誤魔化したの)。すげえ恥ずかしかった、アレは」

リハーサルの時点で“ハイタッチしようね”という約束だったはずが、乃木坂メンバーが緊張のせいか櫻井くんのハイタッチに気づかずスルーされるという恥ずかしい状態に陥ってしまったのです。

意気揚々にハイタッチしようとあげた櫻井くんの手が、行き場所を失う悲しい瞬間。

櫻井くんが嵐メンバーに“みんなはリハーサルの時どうだった?”と確認したところ、「最初から、やってくれた」と返ってきたため「えっ…」と言葉を失いました。

すると、嵐メンバーから「櫻井翔本人だって、気づいてなかったんじゃない?」と指摘を受け、“リハーサルのために立てられた代役のスタッフさんと勘違いされたのでハイタッチされなかったのではないか”、という説が持ち出される展開に。

意外に気づかれない嵐


ちなみに。櫻井くんが乃木坂メンバーに“本人だと気づかれなかった「疑惑」”をきっかけに、国民的アイドル・嵐の面々は“気づかれなかったエピソード”を披露しあう展開になります。

まず、二宮和也くんが「歩いてたら向こうからオバちゃんが歩いてきて…。オバちゃんが、『あ!』『あ!』って(手を振ってる)」と切り出したのです。

そのとき二宮くんの胸中としては、“これ、俺が二宮和也だと気づかれたのかもしれないけど、ただ僕の後ろの人に手を振ってるだけの可能性もあるから、『二宮くん!』と言われるまではコチラから動いてはダメだ”とのこと。

続けて、二宮くんは、「(オバちゃんが)近づいてきて、『あの…。串揚げ屋のヤマナカさんですよね?』って言われた。“誰だろう?”と思って。“串揚げ屋のヤマナカさんって誰ですか?”と(笑)」というオチを披露。

二宮くんに近づいてきた女性ですが、二宮くんだと気づいたわけではなく、“串揚げ屋のヤマナカさん”なる人物と勘違いしていたという意外な結末でした。

また、リーダーの大野智くんは「僕ね、気づかれないんですよ。というかね、基本僕、あんまり外に出てないんですよ。でも、釣具店に行ったらバレてます」と話します。街中では気づかれないものの、自身のテリトリーである“釣具店”では100%バレる、とのことだったのです。

街中では影をひそめるという“大野智オーラ”が、趣味の釣り道具を前にするとたちまち全開になってしまうのでしょうか。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス