本田翼が番組発言を“補足”、誤解招き謝罪

女優でモデルの本田翼(25歳)が1月5日、自身のInstagramで、4日に放送されたバラエティ番組「ゲストはくりぃむ」(テレビ朝日系)での発言を“補足”し、誤解を招いたことを謝罪した。

本田は同番組で、くりぃむしちゅーの2人と共に“意地悪された芸能人”についてトークを展開。本田が罰ゲームとして告白することになり、「とある映像の…女優業の仕事のときにご一緒した方」と明かした。

そして、そのときの状況を「無視されました。挨拶をして、私とほかの人が一緒にいて、ほかの方が挨拶して、というのがあって。(人が)いっぱいいたから、(まとめての挨拶だった)可能性もあると思って、ほかの方にね、『ちょっと聞いてて欲しいんだけど、挨拶すると返ってこない人がいて。でも思い違いかもしれないので見ていてください』ってやったら、やっぱり返ってこなくて。実験しても返ってこなくて」と説明した。

このエピソードに、くりぃむしちゅーからは「連ドラだった?」「映画?」と質問が飛んだが、「どうでしょう、どうでしょね」「まあまあまあまあ」と口を濁す本田。そこで、2人に人物名を耳打ちすることになった。

名前を聞いた2人は「え? は?」と驚いた様子。「全然そういう…真逆なのよ」「どっちかというと明るくて元気がいい」と信じられないといった表情で、「なんかあったんじゃないの? 男取り合ったとか?」と本田を追及したが、「絶対ないです。絶対ないです」と否定、「人生でそれが最初で最後です。この業界で意地悪されたのは」と語っていた。

この内容はYahoo!ニュースなどにも掲載されたが、記事のコメント欄は大荒れの展開に。意地悪したのは誰だ、という人物探しのほか、「他の人も巻き込んで実験?」「実験するのも性格悪くないですか」「仕事とはいえ、人の悪口を楽しそうに話してるのがなぁ…」「他の人を巻き込んで実験なんてするような人だから無視されたんじゃないの?」など厳しい意見も飛び出していた。

こうした事態を受け、本田は1月5日に「あるバラエティー番組での発言についての補足をこの場でさせて下さい」とInstagramを更新。「『他の方にちょっと聞いててほしい』と頼んだと発言しましたが、この他の方というのは私のマネージャーさんです。ただの勘違いなのか、それとも私が相手に不快感を与えるようなことをしてしまったのか、現状を把握すべく相談も兼ねてお願いしました」と釈明した。

そして「番組内の罰ゲームではありましたが、私の力不足で誤解を招くようなことになってしまい、申し訳ありません。今後はより一層、自分の発言に細やかな配慮をすることを心掛けていきたいと思います」と謝罪している。

あなたにおすすめ