2018年の「最も安全な航空会社トップ20」発表、日本の2社もランクイン

Traicy

2018/1/5 13:00

航空格付け会社のエアラインレイティングス(AirlineRatings)は、モニターしている航空会社409社から2018年の最も安全な航空会社トップ20を発表した。

トップ20はカンタス航空のほか、アルファベット順にニュージーランド航空、アラスカ航空、全日本空輸(ANA)、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、エティハド航空、エバー航空、フィンランド航空(フィンエアー)、ハワイアン航空、日本航空(JAL)、KLMオランダ航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、カンタス航空、ロイヤル・ヨルダン航空、スカンジナビア航空、シンガポール航空、スイス・インターナショナルエアラインズ、ヴァージン・アトランティック航空、ヴァージン・オーストラリアが選ばれた。2017年のランキングでトップ20に入った、デルタ航空とユナイテッド航空は選ばれなかった。新たにエミレーツ航空とロイヤル・ヨルダン航空がランクインした。

また、最も安全な格安航空会社トップ10には、エアリンガス、フライビー、フロンティア航空、香港エクスプレス航空、ジェットブルー航空、ジェットスター航空、トーマス・クック航空、ヴァージン・アメリカ、ブエリング航空、ウエストジェット航空が選ばれた。新たにフロンテイア航空が選ばれ、ジェットスター・アジア航空が選外となった。

エアラインレイティングスでは、2013年から独自の評価で1つ星から7つ星まで航空会社をランク付けしている。そのうち最も安全性に疑問がある1つ星には、高麗航空(北朝鮮)、ブルー・ウィング航空(スリナム)、ブッダ・エアー(ネパール)、タラ・エア(ネパール)、トリガナ航空(インドネシア)、イエティ航空(ネパール)が選ばれている。

エアラインレイティングスではトップ20の順位付けをせず、その中からトップのみ選んでいる。運航機材の履歴や新しい安全技術の採用状況などを調査して選んだもので、トップ20にランクインした航空会社では、エアバスA350型機、ボーイング787型機、ボーイング777Xなどの最新鋭機を採用している。

あなたにおすすめ