恐竜からモアイ、宇宙人まで……カオスすぎる韓国のジュラシックパーク『安眠島ジュラ紀博物館』

日刊サイゾー


「韓国のジュラシックパーク」と聞いて、胸を熱くするのは筆者だけではないはずだ。韓国と恐竜というダイナミックな要素のぶつかり合いは、いったい何を生み出すのか?

その結果を見届けるべく、ソウルから高速バスで3時間かけて忠清南道・泰安(テアン)郡にやってきた私。ここは朝鮮半島の西端(もちろん韓国領基準)もある海辺の町なのだが、目指す安眠島(アンミョンド)へは、さらに1時間以上バスに乗ることとなる。

日も暮れたころ到着した安眠島では、船の形をした「タイタニック」なるゲストハウスに宿泊。人の気配のしない地の果ての宿で難破船気分を味わった翌朝、タクシーに乗り込み向かった先は、ジュラシックパークのある『安眠島ジュラ紀博物館』だ。

安眠島ジュラ紀博物館は、2011年7月、約1万坪の敷地に爆誕した私設博物館。メイン施設は3階建ての展示室となっており、スウワッセアの骨格、ティタノサウルスの卵、スピノサウルスの骨格など、世界的にも珍しい化石を保有する、至って真面目な恐竜博物館となっている。

しかし珍スポトラベラーがチェックしなければならないのは、博物館から見下ろすように広がる庭園だ。そこには恐竜の模型らしきものが、所狭しと並んでいた。

そう、ここが韓国のジュラシックパークだ!

体内が滑り台になっているティラノサウルスと、ガオーと叫びながら首としっぽをゆらゆら動かすブロントサウルスをメインに、さまざまな恐竜の模型や化石などが設置されている。

上記ふたつの恐竜像は巨大なうえ、かなりリアルだが、中にはお化け屋敷に置かれていそうな、ユルすぎる造形の恐竜も……。

さらにそれよりヤバいのは、クジラ、ゴリラ、ゾウ、サソリ、ペガサス、モアイなど、微妙に恐竜とは関係ないキャラクターがところどころに投入されていることだ。

まさにカオスの極み……。いや待て、一見むちゃくちゃなようだが、それぞれに「恐竜的な要素」が潜んでいるとは言えなくはないか? 巨大生物もモンスターも女体も、そのダイナミックな姿が「恐竜的」と言えなくはないか?

そう自分に言い聞かせながら、敷地のさらに奥へと進んでいく私の前に、より恐竜とかけ離れかけた展示物が立ちはだかる。

もちろん「ジュラシックパーク」という看板が示していたのは、この庭園全てではないという見方もできる。それにしても「ジュラ紀博物館」のコンセプトから大きく外れ、「ま、子どもが喜べばいいんじゃないの」的に増えていったであろう、暴力的な(そして必要以上にクオリティの高い)模型の数々は、まさにダイナミックコリアの面目躍如であった。

そこに韓国がある限り、珍スポの旅はまだまだ続きそうだ。
(文・写真=清水2000)

●安眠島ジュラ紀博物館
住所 忠清南道泰安郡南面コムソム路37-20(申温里641-3)
営業時間 9:30~17:30
定休日 月曜
入場料 大人1万ウォン
サイト  http://www.anmyondojurassic.com/html/main.html

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ