最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

吉岡里帆・窪田正孝らが本気の勝負 和田アキ子は動揺?「唇がふるえてきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉岡里帆・窪田正孝・和田アキ子/モデルプレス=1月4日】女優の吉岡里帆、俳優の窪田正孝らが、4日放送のバラエティ番組「プレバト!!才能ランキング」(MBS・TBS系/よる7時~)に出演する。

芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表する知的エンターテインメント番組。新春2時間スペシャルは、豪華ゲストによる人気番組対抗戦と、名人・特待生だけの「俳句」冬のタイトル戦を開催する。

2017年8月31日放送に続いて今回が第2弾となる人気番組対抗戦には、「アッコにおまかせ!」、火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」、金曜ドラマ「アンナチュラル」、「プレバト!!」、「S☆1」の5番組(着席順)が参戦。各チームの代表2人が番組の威信をかけて「俳句」「いけばな」の才能を競い合う。今回も「プレバト!!」チームが1位になれなかった場合は、2人そろって1ランク降格となる。梅沢富美男は「大いに結構」と余裕を見せるが、新春早々プレッシャーMAXのスリリングな展開になることは必至だ。

夏井いつき先生の俳句査定は「初詣」の写真で代表者1人が挑戦。季語の勉強をしたという吉岡里帆は「本気で行かせていただきました」と渾身の俳句を披露する。また、假屋崎省吾先生のいけばな査定は、お正月にぴったりな「松」を使って2人で1つの作品を作り上げる。過去「才能アリ」しかとったことがない和田アキ子が「唇がふるえてきた…」と語るほど大波乱の査定結果が明らかとなる。

◆キスマイ横尾渉ら参戦 “俳句頂上決戦”も



一方、名人・特待生だけの「俳句」冬のタイトル戦「冬麗戦」は、前回出演を辞退した “俳句最高位・名人7段”の梅沢が満を持しての参戦。夏の「炎帝戦」を制した藤本敏史(FUJIWARA)、初タイトルを狙う横尾渉(Kis-My-Ft2)、村上健志(フルーツポンチ)をはじめとする名人・特待生たちが打倒・梅沢を目指して渾身の俳句で勝負する。

名人・特待生の成長ぶりを評価する夏井先生は、タイトル戦にふさわしい超ハイレベルなお題を用意。「決着をつけようじゃない!」と自信をみなぎらせる梅沢。いつもと変わらず名人・特待生の渾身の俳句を痛快・明快に斬っていく夏井先生。その先生が、あるとき 「あんたが泣くからもらい泣きしちゃった」と、まさかの涙。タイトル戦という舞台ならではのハイレベルな俳句が続々登場と登場する。(modelpress編集部)

■プロデューサー上野大介(MBS)コメント



今回の「人気番組対抗戦」は、和田アキ子さんほかそうそうたるメンバーに加え、吉岡里帆さんをはじめとする新ドラマの俳優陣にもご登場いただき大いに盛り上がりました。俳句、いけばなともみごとな作品が続々誕生!そんななか、負けたら降格の「プレバト!!」チームの2人はどうなったのか…!?ご注目ください。

また、季節に一度の俳句タイトル戦は、梅沢富美男さんが満を持して登場します。タイトル戦は横並びの一発勝負なので誰が勝ってもおかしくない。どんどんレベルアップする名人・特待生の中からこの冬、夏井先生が選んだ“芸能界俳句王”はだれなのか…!?新年最初の木曜よる7時から、ぜひご家族そろってお楽しみください。

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス