稲垣、草なぎ、香取「撮影してもお蔵入り」? ジャニーズへの“忖度”相次ぐテレビへの奇策とは


 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真かわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋19年の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者

前編はこちら)

ジャニーズとCULENの今後


A 2016年12月31日をもって、SMAPは解散し、17年9月に稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の3人が、ジャニーズ事務所から退所しました。

B 改めて時系列で振り返ると、そもそもの、木村拓哉を含めた5人が、SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏と共に独立計画を進めていた。ところが、木村が残留へと心変わりして、飯島氏だけが退社することになったあたりで、騒動が表面化したと。

A 計画を覆したメリー喜多川副社長、そして4人を裏切った格好の木村が、一時期バッシングの的になっていましたね。

C そうなると、結局3人側につかなかった中居正広も、木村と同じ位置づけなんじゃないかと思うんですが。

A 中居にしても、表向きにはメリーさんへ服従の姿勢を見せているそうですからね。飯島さんにしても、今後中居がこちらに合流するのかどうか、本心はわからないそうですし。

C そして9月中に、退所組3人のオフィシャルWEBサイト「新しい地図」がオープン。飯島氏が代表を務めるCULENがバックアップを表明し、即座に合流、そして再始動と。あまりのスピード展開に、ジャニーズ側も度肝を抜かれたのでは。

A 飯島さんは何度も「もう芸能界には関わらない」と宣言していましたからね。それは嘘だったとしても、多少のインターバルは設けるものだと、誰もが考えていました。

C ジャニーズ側へは、まったく筋を通していないですよね。そのせいで、ジャニーズから3人へ圧力が発動しているのでは、と見えてしまいます。『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)に一部大手プロのタレントが出演しなかったことや、『GQ MEN OF THE YEAR 2017』のニュースで、3人が不在だったかのように報じたテレビ局があったりだとか。

A この争い自体、公平に見れば、どっちもどっちだと思いますよ。飯島さんのプライドが許さないことでしょうが、一度きちんとメリーさんに頭を下げれば、今みたいな状況にはなっていないでしょうから。

B 確かに、ジャニーズは目に見えるような圧力はほとんどかけなくなったよね。ジャニーズ寄りのメディアが、勝手に忖度しているというだけで。普段からドラマ主演やら独占インタビューでお世話になっているテレビやスポーツ紙からすれば、ジャニーズ側に忖度するのは仕方ないことだろうし。

C 3人はそれぞれ、のびのびと活動しているように見えますが、CULENとしてはどうなんでしょう。

B 最近は現場記者の“囲い込み”が始まったって言われてるね。飯島さんは当初、ジャニーズ寄りのテレビ局やスポーツ紙にはまったく情報を流してくれなかったけど、フジテレビからCULENに移ったKさんという女性広報が動き始めてから、スポーツ紙なんかには事前に情報を流すようになってるみたい。

A 確かに、愛されキャラのKさんが登場してから、多少現場の空気も緩和されているのかもしれません。現状、彼らはテレビから無視されているわけで、ここでスポーツ紙だけは大切にしておいた方が、後々有利になるでしょうから。

C それをスポーツ紙の人が言うのかって話ですが(笑)。3人の現場には、テレビ局のカメラも普通に来ていますよ。

A でも、放送は基本しないわけで。「よほどな発言がない限りはお蔵入り」という、ものすごく不毛な取材を行っています。

B 局の人間に詳しく聞いたところ、別に3人のニュースを放送すること自体がNGってわけじゃないそうなんだよね。「ジャニーズタレントが登場するコーナーで使うのはやめてほしい」ってジャニーズから言われているものの、取り上げること自体は各局の判断なんだって。つまりは忖度。

A どこもそんな調子なら、3人のレギュラー番組が打ち切られるのも、そう遠くない未来の話でしょうね。

C 今後も3人は、のびのびと芸能活動を行っていくんでしょうか。正月には再びAbemaTVで、特別番組として『27Hunホンノちょっとテレビ』をやると発表がありました。

B WEBを頼るのは当然の流れだけど、先日の『72時間ホンネテレビ』は、むしろAbema側が岐路に立たされた感が強い。あの放送で生じた赤字は、サイバーエージェント内でも相当問題視されてるそうで、あるスタッフは「Abemaの在り方自体を考え直すきっかけになった」「ビジネスとして成り立たない」とまで話していた。

A そもそも飯島さんと親交の深い藤田晋社長が、他事業で上げた収益をぶち込んで立ち上げたのが、Abemaと言われていますよね。スタート時に収益が上げられず、マイナスなのは仕方ないとしても、あの番組で得られたのが認知度だけでは、ちょっと……。

B それもあって、新年の番組は27分と短時間の勝負にしたんじゃないかな。いくら大富豪の社長が後ろについていても、何かしらの結果は出さないと。

C 3人や飯島氏の後ろ盾は、サイバーのほかに日本財団、さらには中国資本の大手総合免税店といわれています。

A でも、芸能活動での実質的な“後見人”は、ケイダッシュの川村龍夫会長ですよ。マスコミ対応を行っているのは、川村会長のお抱え弁護士だし、ケイダッシュ役員が、3人のブッキングに協力していたという情報もあります。

B そう考えると、プラットフォームこそ多少変えたものの、彼らは芸能界のしがらみ自体から、完全に抜け出そうとしているわけでもなさそうだね。

A だからこそ、飯島さんはジャニーズ側に一度でいいから、謝罪しておくべきだと思うのですが。それは3人やファンが望むものでは、決してないでしょうけど。

C だからって、ジャニーズ側の圧力も、やっぱり許されるものじゃないと思います。確かにどっちもどっちで、現体制が崩壊するまでは、ジャニーズとCULENの争いは続いていきそうですね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス