ゴールデンボンバーがにゃんこスターに!?【CDJ】

国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」が2017年12月28日~31日に千葉・幕張メッセで開催され、ゴールデンボンバーが2日目のEARTH STAGEで、2017年最後の大暴れを見せた。

1月31日(水)発売の新アルバム『キラーチューンしかねえよ』収録曲「やさしくしてね」など全8曲を披露。

鬼龍院翔は「ちょうど同じ時間帯の他のステージで、高校の同級生だった木村カエラさんとバッティングしています」と告白。「かわいらしすぎて、その輝きに消えてなくなりそうだった」と青春時代を振り返りつつ、「負けないように頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

自己紹介では、喜矢武豊が「今年もいろいろな芸人さんが出てきて、僕らも一発屋と言われながらも何とか生き残っていますが、これからも生き残っていくためにできることはギターを頑張ること。僕の音を伝えていきたい」と、エアーバンドならではのギャグで笑いを誘う。

樽美酒研二は「最近、女子高生にはまっています。この世の中は女子高生を中心に回っていると言っても過言ではありません。その女子高生がいろいろな言葉を生み出し、流行りを生み出してまいりました。“まじ卍”、これはすごい。こういった言葉を風化させてはいけないと思います」と熱く語った。しかし、これらは次のパフォーマンスの“前振り”だった。

「抱きしめてシュヴァルツ」の中で、喜矢武はギターをたたきつけ、にゃんこスターアンゴラ村長のように親指を立てて踊りだし、女子高校生の制服姿になった樽美酒は、スカートの中のTバックからはみ出た「まじまん○」を見せつけた。歌い終えた鬼龍院は「1年を振り返ろうと思ったけど、これは駄目だ」と、下品なパフォーマンスを反省。

最後は大ヒット曲「女々しくて」でフィナーレ。笑いと熱いパフォーマンスで観客を熱狂させたステージを締めくくった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/132931/

あなたにおすすめ