最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

芸能人のスイッチが切れる!?『あいつ今何してる?』徹底取材の裏側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●この番組がなかったら絶対やらないこと
有名人の同級生は、今何をしているのか…スタッフが徹底取材して、これまで歩んできた人生とともにドキュメンタリータッチで紹介していくテレビ朝日系バラエティ番組『あいつ今何してる?』(毎週水曜19:00~)のスペシャルが、あす3日(18:00~21:00)に放送される。

同級生の今を知ったゲストたちが、他の番組では見せない表情を披露する同番組。その取材の裏側から今回のスペシャルの見どころまで、演出・プロデューサーの芦田太郎氏に話を聞いた――。

○1つのVTRが「めちゃくちゃ長尺化」

――2015年にスタートして、翌年には早くもゴールデンに進出。人気番組として定着しましたが、これまでを振り返ってみて、いかがですか?

レギュラー化にあたって、打ち合わせからロケ、スタジオ収録まで時間を要するこの番組を毎週運用してということに正直不安はありました。また、学生時代に良い思い出がない方も少なからずいらっしゃるので、番組開始当初はまず企画説明、企画の理解というところにかなり時間を要しました。しかし、番組が浸透していくにつれて、人を傷つけたり、出演して嫌な気持ちになる番組では決してないということが世間的にも業界的にも広がってきて、少しずつブッキングのハードルが下がって来たように感じています。

――1人あたりどれくらいの取材期間を設けているのですか?

めどとしていつも考えているのは最初の打ち合わせから同級生を見つけて取材をして、その取材VTRをスタジオで見てもらうまで、最低1カ月ほど。毎回の打ち合わせで気になる方を最低でも10人ほどは名前を挙げてもらっています。

―― 一般の人でも、波乱万丈の人生を歩んでいる人がこんなにいるんだと、いつも感心します。

もともとのコンセプトは、芸能人の方と同級生との当時のエピソードをシンプルに回収するという番組だったんです。例えば「○○ごっこをしていたA君に、40歳を迎えた今、その○○ごっこを再現してもらう」というようなシンプルな答え合わせと、タイトルの通り「"あいつ"が今何をしてるのか」っていう2つの"回収"をVTRの柱にしていました。でも、番組をやっていくうちに、「同級生が芸能人と離ればなれになってから、どんな人生を歩んできたのか」という3つ目の視点が浮かび上がってきたんです。芸能人が歩んできた人生と照らし合わせながら人生をプレイバックしていくドキュメンタリー番組としても面白くなるんじゃないかって。

――どんな人にもそれぞれのドラマがあるんですね。

たまに取材先で「私の人生は普通ですよ」と言われることがあるんですが、絶対にその人と同じ人生を歩んでる人っていないんです。その時点で"普通"じゃないと思っていて、1人1人が持っているオリジナルの人生、それを徹底的に丁寧に描いてみようと思ってやってみたら、結果にもつながったので、これはやれる範囲で徹底的に掘り下げていこうと決めました。だから、番組開始当初より1つのVTRがめちゃくちゃ長尺化してます(笑)。最初は同級生1人について10分程のVTRで、2016年4月のゴールデン初回2時間スペシャルはゲストが4人でVTR8本だったんですが、昨年8月の放送では坂上忍さんと森昌子さんの2人、VTR4本で2時間構成しました。無理矢理VTRを引き延ばすのではなく、その人は「人生においてなぜその選択をしたのか」「その時どんな心境だったのか」というのをしっかり丁寧に、分厚く描く作業をしていくという共通意識を番組内に浸透させて、自然とVTRが長尺していったという感覚です。

○番組をきっかけに同窓会も

――これまでで、印象に残ってる人やロケのエピソードはありますか?

どれも選びがたいですが…自分でロケを担当したので特によく覚えてるんですが、南野陽子さんが、「小学校時代に"好きな人ランキング1位"にした○○くん、実は今だから言えるけど2番目に好きな人だった」というエピソードを話してくれたんです。この衝撃的な事実を50歳になった今、あらためて言われるっていうドキュメントは面白くなるなと確信しました。

ただ、その衝撃の事実を初めて聞く、ファーストリアクションをカメラで絶対に押さえるべきだと思ったので、その同級生に取材交渉をする時に、「南野陽子さんが気になってる同級生としてあなたの名前が挙がったのでぜひ出演をお願いします」ということしか伝えなかったんです。で、ロケに行ったら、当時学校でもすでにアイドル的存在だった南野陽子のことを、もちろんその人も好きで、40年近く経った今、まさか自分のことを覚えていてくれてるとは!と、すごくドキドキしてるわけですよ。しかし、何十年越しに、「実は2番目だった」という事実を知らされる。しかも画面越しのVTRで本人から(笑)

――本人が会いに行かないっていうのが、この番組の特徴ですよね。

そうですね。画面越しだからこそ芸能人側にそこまで気をつかわずに話せるし、芸能人側も当時の気持ちになってリアクションができたり、本音が出たり、その彼の本当にがっかりした表情も出るんです。ただ、1人でこの衝撃の事実を受け止めきれないかなと思い、他の同級生も呼んで一緒にVTRを観てもらって、リアクションやイジりでだいぶ助けてもらいました(笑)。そういう青春時代の大人になってしまえば「くだらない」ことを、50歳手前になった大人が40年越しに答え合わせをするって、たぶんこの番組がなかったら絶対やらないことだと思うんですよね。あらためて「ごめん」と画面越しに謝る南野さんや、事実を知らされて何十年越しにフラれた気持ちになる同級生、そして、それを見て爆笑する同級生たちを見て、この番組の良さが凝縮された瞬間だなと思いましたね。ちなみに後日、南野さんも交えて飲みに行ったみたいなので、遺恨はなさそうで安心しました(笑)

――ご対面シーンがないので、番組収録後に芸能人の方が実際に会いに行くということもあるんですか?

それはすごくあるみたいです。これをきっかけに同窓会をやったとか、連絡するようになったとか、すごく感謝していただくことがあって、そういった放送以外の部分で何かのきっかけになれているのは番組としても光栄です。

●国民的アイドルが初恋の人を明かす
――卒業アルバムを見ながらの打ち合わせは、ついつい恥ずかしいことも言い過ぎてしまい、後日スタジオでそのVTRを見ると後悔する方もいらっしゃいますよね。

卒アルって本当に不思議なモノで、僕らもやりながら気づかされていったんですけど、観ていると自然と気持ちや人間そのものまでもが当時に戻るんです。極端言うと芸能人のスイッチが切れて、自らの"源泉"である"あの頃の時代"に戻っていくので、その時の脳みそに思考回路が切り替わって、いろいろなことをしゃべっちゃうと思うんです。基本的に、この卒業アルバムを見ながらの打ち合わせは自分でやるようにしてるんですが、聞き手として気持ち良くしゃべってもらうことをとにかく意識して、質問や相づちを打つようにしています。

――前田敦子さんは、初めて初恋の人を明かしたと言っていましたよね。

当たり前ですが、こちらはもちろん「今までテレビで言ったことない話を教えてほしい」とは、打ち合わせではお願いしてないんです。だから、国民的アイドルグループの絶対的センターだった人がそれを話してくれたことはとても驚きましたし、うれしかったですし、とても感謝しています(笑)。しかも、幸運なことにその初恋の人を見つけることができて、本当に喜んでくれたし、ネットでもファンの方を含めてかなり盛り上がって、話題になる放送回にすることができました。

――取材を受ける同級生は、皆さんウエルカムなんですか?

決してそうでないこともあります。でも大事になるのは、「あの人のためなら」っていう気持ちで、「南野陽子さんに言われたら出るよ」とか、「前田敦子さんに覚えてもらってたんだ」とか。皆さん「なんで自分なんだろう」とおっしゃる方も多いんですが、シンプルに覚えてくれててうれしいという気持ちが、取材を受ける理由の1つにはなってると思います。
○雰囲気にマッチするネプチューン

――スタジオでゲストと一緒にVTRを見るのはネプチューンさんですね。

そもそも3人が仲の良いトリオなので、そのアットホームで柔らかい雰囲気が、番組のテイストにマッチして、VTRを見る空気感やリアクションが番組全体をより優しく温かく仕上げてもらっていて本当に感謝しています。

――3人ともMCというスタイルは、他の番組ではあまり見られないと思います。

実は、本番前の打ち合わせでは、ゲストとVTRの本数しか言ってなくて、内容については一切伝えてないんです。生のリアクションを大事にしている番組なので、スタジオのセットも、普通のスタジオセットは撮影しているカメラマンや制作、美術スタッフの姿や顔も出演者は見えていることが多いんですが、うちはセットを密封する形で、穴からレンズが覗いてるという方法にして、カメラに撮られているという意識を限りなく少なくしています。さらに、映画館のような大きなモニターで見てもらって、とにかくVTRに集中してもらって、ドキュメントとしてリアクションを収められる環境作りをしています。

――小林星蘭ちゃんのナレーションも独特ですよね。

青春時代のエピソードが出発点になる番組なので、ナレーションは当時の呼び名で呼んだり、大人になって振り返ると下らなかったりするエピソードをあえてまじめに説明する必要がある中で、普通の大人のナレーターさんに読んでもらうと、何かうまくその当時のノスタルジックでピュアで爽やかな世界観を表しきれないんじゃないかと思ったんです。で、その世界観を忠実に表現できるのはやっぱりその世代の子供がピッタリだと思って、いろんな子役の方の声だけを聞いて、星蘭ちゃんに決めました。

――女の子だとあまり声変わりもしないですよね?

いや、実はかなりしています(笑)。毎回見ていただいてると気づかれないんですけど、2年前のナレーションを聞くと、2オクターブくらい高いです(笑)。そして、やっぱり天才子役だなと感じるのは、やるたびに上手になっていくことです。女優さんなので感動系のVTRの時はしっかり感情も乗せられるので、そこは毎回感心させられています。

みやぞんの知られざる原点が明らかに
――1月3日には、3時間スペシャルが放送されます。見どころを伺っていきたいのですが、ANZEN漫才のみやぞんさんは、みやぞんさんらしいかなり奇想天外な人が出てくるとか(笑)

みやぞん(ANZEN漫才)

みやぞんさんはやっぱり独特で、打ち合わせをしたときに、地元でつながってるから「同級生は全員知ってる」って言われちゃったんです。で、同級生じゃなくて会いたい人を聞いたら、エピソードが唯一無二過ぎて(笑)。まず挙がったのが、中学の時に学校の帰り道でポメラニアンがいて、そのポメラニアンについて行ったらある配送会社にたどり着いて、その会社の駐車場になぜかプロレスのリングがあったらしいんですよ。で、そこで運送会社のドライバー兼プロレスラーをやっていた青年にプロレスを教えてもらったり、基礎トレーニングを一緒にやったりしていてとてもお世話になったので、今どうしているか気になるって言われたんです。

よく出演番組などでキックボクシングをやっていたって言ってますが、実はその運送会社で始めたのがキックボクシングだったんです。そしてその人を調べてたら、想像を超える波乱万丈の人生を送っていて、みやぞんさんも大興奮でした。しかも実は、そのプロレスラーの方は「君は面白いからお笑いやったほうがいいよ」ってアドバイスした人でもあったり…謎多きみやぞんさんの、いまだ知られていない原点を知れる面白い内容になっています!

もう1人は、みやぞんさんが、「人生における大切なことをすべて教わった」という小学校の時の野球クラブの部長。70歳を超える方なんですが、普段のバラエティでは見せない、みやぞんさんの誠実で実直な部分がにじみ出る感動作になっています。笑いと感動、両方が高いレベルでミックスされて家族そろってお楽しみいただけると思います。
○安藤優子、初期『Nステ』以来のテレ朝

――中田喜子さんはいかがでしたか?

某ドキュメンタリー番組で密着されるほどのすごい同級生が出てきます! 日本で初めてあることを成し遂げた本当にすごい人なんですけど、ドキュメントしてかなり見応えがあると思います。

――安藤優子さんは、バラエティ番組、しかもテレ朝に出るのはかなり珍しいですよね?

初期の『ニュースステーション』以来、約30年ぶりでテレ朝の新社屋にも初めて入ったとおっしゃっていました。安藤さんは、報道キャスターとして強い女性というイメージがあると思うんですけど、この番組でそのイメージが良い意味で崩壊すると思います(笑)。中学卒業後、嫌われていると思っていたある男子が突然ラブレターをくれたという話は、まさに"事件"尽くしで見応えアリです!

――沢村一樹さんは、いかがでしたか?

沢村さんが中学校時代「憧れていたマドンナ」が出てきて、ときめきの再会かと思いきや…その人の後ろ姿をただひたすらジロジロ見ていたっていう恥ずかしいエピソードを50歳になった今、憧れの女子に聞かれるというわかりやすく面白いVTRになっています。

――1月3日で帰省した人も多いですし、成人の日も近いので、番組を見た視聴者は、あらためて自分の同級生のことを思い出すでしょうね。

もうすぐ仕事だな…みたいなモードの時だと思うんですが、むしろ「明日から頑張ろう」と、温かく前向きな気持ちになれる3時間になっていると思いますし、家族そろって楽しんでいただけるゲストの4人が、普段のテレビでは見られない表情も見せてくれるので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

――テレ朝さんの三が日といえば、『格付けチェック』『相棒スペシャル』『とんねるずのスポーツ王』など、恒例の人気番組が並ぶ中での放送ですね。

非常に光栄です! 来年もできるように最後の最後までスタッフ一同妥協せず作り込んだので、ぜひご覧ください!

●芦田太郎
1985年生まれ、東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、08年にテレビ朝日入社。以来バラエティ制作で『雑学王』『爆笑問題の検索ちゃん』『ナニコレ珍百景』『関ジャニの仕分け∞』『関ジャム 完全燃SHOW』などを担当し、15年に『あいつ今何してる?』を立ち上げて演出・プロデューサー。現在は他にも『ロボット旅日本一周』で演出を担当。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス