最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アジカン、クリスマスに取り残される?! 照れるゴッチ「“クリスマスツリー”って呼ぶなよ(笑)」【CDJ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月28日~31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。12月28日のEARTH STAGEのトリは、ロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)が務めた。

代表アルバム『ソルファ』の収録曲からスタートを切ったASIAN KUNG-FU GENERATION。「サイレン」「Re:Re:」とアルバムのセットリストの順番を変えずにそのまま流していき、観客からは歓声が沸き起こる。

続く「スタンダード」を歌い終わると、ボーカル・ギターの後藤正文は「どうもありがとう」と感謝の気持ちを述べたかと思いきや、会場を見渡し「おかしいよ! 俺のソロのとき、そんなに人いなかったよ! 40倍くらい人いるじゃないか!(笑)」とハイテンションのトークを繰り広げ、笑いを誘う。この日、後藤はGotch & The Good New Timesとして既に出演しており、あまりの違いに圧倒されていた様子だった。

そして「冬のツアーから衣装を新調するの忘れちゃって(笑)。一人クリスマスに取り残されたみたいだ。メリークリスマス!(笑)」と着用している緑のセーターを見せながら、上機嫌な様子でさらに盛り上げていく。

その後も「みんな、本当に楽しんで帰ってくださいね。フェスは楽しんでこそのものだと思うし、この場はみんなのものだからさ(笑)」と観客を気遣う優しさを見せた。

そして披露した「荒野を歩け」では、ギター・ボーカルの喜多建介が爽快にギターをかき鳴らしていく。後藤のテンションの高さが他のメンバーにも良い影響をもたらしている雰囲気が見受けられた。

その後、再びアルバム『ソルファ』の収録曲「ループ&ループ」「リライト」へと立て続けに繋いでいく。「リライト」では後藤がサビを歌ってほしいと言わんばかりに笑顔で観客を煽り続け、大合唱が沸き起こった。また、後藤はアレンジを加えたコール&レスポンスも楽しそうに成し遂げ、「Easter / 復活祭」へと曲を切り替えていく。ホールは踊りだす観客であふれていた。

曲が鳴りやみ、ライトがいったん落とされると、暗闇の中で観客からは声援が飛ぶ。「ゴッチ!」 というエールが多く飛ぶ中、「クリスマスツリー!」という叫びが。

照明が再びつけられると、後藤は照れた様子で「“クリスマスツリー”って呼ぶなよ(笑)」と笑った。気分が高揚している様子で、続けて「みんなありがとね(笑)。あの、フェスであんまりやらないことやっていいですか?」と観客の温度を確かめる。

観客は拍手で答えると、「若い頃はこういうフェスでレア曲っていうか、あんまり有名じゃない曲を、ナニクソとばかりにやっていて。やっぱりあんまり盛り上がらなかったり、シーンとしちゃっていたんだけど、最近フェスではそういうのやってなかったから、久しぶりにフェスで新曲をやってみようかな、って」と説明。

今度はやや不安げに「今からやる曲、そんな盛り上がる曲ではないですよ?」と確かめるも、観客が興味津々に見守る様子を見た後藤は、さっそく「生者のマーチ」を披露した。その後は、「ソラニン」「今を生きて」の演奏で観客を沸かせる。

そして、つぶやくように後藤は「今日2回目、この曲。あいつら、やりやがって(笑)」と満面の笑みを浮かべながら「君という花」でラストを飾った。

この日、KANA-BOONが既に同曲のカバーを披露していた。ボーカル・ギターの谷口鮪が「アジカンには内緒やで(笑)」と言い残していただけに、KANA-BOONも見ていた観客からは、この発言に黄色い歓声が飛び交う。興奮冷めやらぬうちに、後藤の「良いお年を」の一言で、幕を閉じた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/132954/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス