【2018年福袋特集】美術の殿堂『世界堂』の福袋(5000円)を大公開! もちろん美術にストイック / アート素人にも嬉しい物がたくさん入っていた!!



私たちロケットニュース24は1年越しの夢を叶えた。たかが福袋1つでそんなことを言うのは大げさすぎるかもしれないが、“人気の福袋” をゲットできた瞬間は、それほど大きな喜びに包まれるものなのだ。

この度、私たちは、アートな人々の聖地としても名高い美術の殿堂『世界堂』の福袋(税込み5000円)を手中に収めることに成功した! 2016年に初めて入手できたものの、2017年には人気すぎて逃してしまった……のだが、今年は違った! バンザーイ、2018年は明るいゾー!!

【世界堂の福袋(5000円)の中身】
ヴァンゴッホ 色鉛筆36色セット
ターナー プライムセット アクリル絵具12色セット
シャチハタ アートライン油性マーカー8色セット
マイメリ アクリリコ(アクリル絵具)白 2本
アクリルガッシュ 6色セット
キャンソン スケッチブック 2冊(A5サイズ&10x15cm 各1冊ずつ)
ノート
パレット
ハサミ
額縁

──以上である。 公式サイトによると、税込合計2万円相当の品が入っているとのことで、間違いなくおトクな内容となっている。

・アート素人にも嬉しい品々
ただ2016年の福袋(5000円)には、「3万2400円相当の画材」が入っていたはず。それに比べると今年の福袋の中身は見劣りしちゃいそう……なんて不安に思う必要はなかった! アートど素人である筆者にとって、今回の福袋も実に嬉しい内容となっていた。

福袋を開けながら「この色鉛筆で塗り絵をしてみたい」「あ、スケッチブックに絵日記でも描いていこうかな?」「額縁に何を入れて飾ろう」などと、ワクワクしてしまったのだった。

もちろん、どう使ってよいか分からず、持て余してしまうであろう品も入っていた。が、それは誰か欲しい人にお裾分けすれば良いのだ。

・経験者「本店での福袋の競争率はハンパなかった」
2018年1月1日、筆者は世界堂の支店にて、この福袋を比較的容易に入手することが出来た。しかし、それは支店だからかもしれない。

というのも2017年に新宿・世界堂本店で福袋を購入しようとした人物は、「本店での競争率がハンパなかった。だから福袋を逃してしまった」と話していたからだ。公式サイトによると、本店の初売りは2018年1月2日からのよう。購入を考えている人は心してかかってほしい!

参考サイト:世界堂[1][2]
Report:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ→「2018年福袋特集」

画像をもっと見る

あなたにおすすめ