松岡茉優のギャラ、なぜ大幅UP!? 夏帆は1話30万、米倉涼子は500万…女優たちの驚くギャラ格差

messy

2017/12/30 22:00



「FLASH DIAMOND」2017年11月10日増刊号(光文社)にて、女優のドラマ1話あたりのギャラ推定額が公開されている。同誌によると、1位は『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)主演の米倉涼子(42)で500万円。2位は大きく離れて『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)主演の篠原涼子(44)で200万円。3位は『沈黙法廷』(WOWOW)主演の永作博美(47)で150万円となっていた。

その他、主演女優のギャラを挙げていくと、2017年10月期の中では視聴率がかなり良かった『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)主演の綾瀬はるか(32)が120万円。宮藤官九郎(47)脚本の『監獄のお姫さま』(TBS系)主演の小泉今日子(51)も120万円。『明日の約束』(フジテレビ系)主演の井上真央(30)が110万円。『科捜研の女 第17シリーズ』(テレビ朝日系)主演の沢口靖子(52)が100万円とのこと。

主演ではない女優たちの中では、石田ゆり子(48)、満島ひかり(32)、菅野美穂(40)、蒼井優(32)、多部未華子(28)らが1話100万円と記載されているが、『コウノドリ』(TBS系)に出演している松岡茉優(22)のギャラも同額だという。松岡はこの中で圧倒的に若い上に知名度も低く、同世代の武井咲(24)や同じく『コウノドリ』に出演していた吉田洋(43)も1話50万円であることから、松岡のギャラの高さが伺える。ちなみに、松岡の所属事務所・ヒラタオフィスには、先輩として多部、宮崎あおいなどが在籍している。

松岡のギャラUPの理由について、今年1月に東京スポーツが伝えていた。それによれば、松岡が大河ドラマ『真田丸』(NHK)で、主演の堺雅人(44)演じる信繁の正室・春を演じたことにあるよう。『真田丸』をきっかけに、松岡の潜在視聴率が12.8%まで大幅に伸びたと報じ、ギャラは一本80万円以上だと打ち出していた。しかし、同誌では綾瀬のギャラを1本300万円以上と記載しており、「FLASH~」の推定額とは大きな誤差がある。

今回推定されている金額は1本あたりのギャラのため、上記女優たちは1クールだけでその10倍の額を稼いでいることになる。17年の米倉の出演作は『ドクターX』のみだが全10話で5000万円、松岡はドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)、『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)、映画『勝手にふるえてろ』など多数作品に出演しており、年間を通すと凄まじい稼ぎである。ドラマだけではなく、CMやバラエティ番組出演などもあることを考えるともはや想像もつかない。

なお、元AKB48の島崎遥香(23)は1本10万円、新木優子(24)は1本20万円、夏帆(26)は意外にも1本30万円と低価格であるらしい。それぞれ所属事務所の業界パワーが弱いわけではないのだが、同じ芸能界と言えどギャラには大きな開きがある。それでも、松岡のようにいつヒット作にあたってギャラが爆上がりするかはわからない。ギャラだけを見れば夢のある職業であることは確かだ。

(ボンゾ)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス