最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

新しい地図、中居&木村最新動向2017! SNS事件から木村の「激励メール」まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月8日をもってジャニーズ事務所を退所し、同下旬に公式ファンサイト「新しい地図」を立ち上げた元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾。11月2~5日にインターネットテレビ局・AbemaTVで放送された『稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』に出演し、ネット上を巻き込んだスタイルの番組が大きな話題となった。

そんな3人は元SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏のバックアップを受け、活動の幅を広げている。日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターに就任したほか、18年4月には映画『クソ野郎と美しき世界』の公開も決定。今回は「新しい地図」始動後の彼らの歩みや、SNS事件簿、ジャニーズ残留組の中居正広木村拓哉の近況を取り上げたい。

■稲垣、“ヒロくん”との私生活もオープンに
 稲垣はジャニーズ時代に引き続き、レギュラー番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系)と、雑誌「an・an」(マガジンハウス)で映画のコラムを担当している。香取とサントリービールのノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」へのCM出演(18年2月よりオンエアー)が発表されたほか、最先端収納サービス・サマリーポケットの「くらしスッキリおサめ隊 隊長」に抜擢された。

株式会社サマリーの代表取締役・山本憲資氏は稲垣を起用した理由について、「今の時期に、新しい地図の3人に自然なかたちで『サマリーポケットで、新しい生活』というメッセージを重ねられたら、圧倒的な説得力が生まれるのでは?というアイデアがではじめてから数ヶ月。3人の中でも、特にきれい好きでモノも本も好きなイメージの強い稲垣吾郎さんに、我々のようなスタートアップの広告に実際に出演いただけるなんて、誰が聞いてもまるで夢のような話が、様々な方のお力をお借りし今しがた現実になりました」と、インスタグラムにつづった。

プライベートは、かつてテレビで“半同居人”と明言した50代の一般男性・ヒロくんと優雅な生活を送っている様子。12月25日のブログでは、前夜にヒロくん夫妻と元宝塚歌劇団の安寿ミラのディナーショーを鑑賞したことを報告し、27日には「昨夜、人生初の落語に行ってまいりました」とも。立て続けにエンターテインメントの世界に触れる中、「さぁ、これからの俳優人生が楽しみです!」と、前向きにコメントしていた。

■草なぎ、俳優業を“再開”
 3人の中では『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)や『ブラタモリ』(NHK)のナレーションに加え、雑誌の連載、CM1本ずつと、ジャニーズから継続した仕事が多かった草なぎ。「新しい地図」スタート後、稲垣&香取よりも新規のオファーなどが少ないことから、ファンの間で不安の声が漏れてしまった。

しかし、12月6日に瞬間翻訳デバイス「ili」(イリー)のイメージキャラクター就任を公表。同日夕方にはYouTubeの生配信企画で浅草の街へ繰り出し、実際に外国人に「ili」が通用するのかを実験。韓国語が得意な草なぎならではのコミュニケーションを披露し、宣伝に尽力した。限定販売された2018台はその中継が開始する前に売り切れ、多くのSMAPファンから「買いました」という報告が相次いだほど。「ili」の公式Twitterアカウントによると、受付開始から1時間で完売したそうだ。

10日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)ではその「ili」を紹介。販売元である株式会社ログバーの吉田卓郎社長が登場して「ili」の利便性を伝えた上で、「先行発売された2018台はわずか1時間で完売」とアナウンスされたものの、草なぎがイメージキャラクターに就任した点は“スルー”した。番組の都合も考えられるものの、これに対してファンからは「剛くんがあんなに頑張って宣伝したのに、番組でまったく触れられていなかったのがすごく残念」「『サンジャポ』でiliの紹介してるけど、つよぽんの話題が出ないのはなぜ? イメージキャラクターだよ?」と、疑問の声が噴出してしまった。

この騒ぎでファンが落胆するも、草なぎは年明け1月27日放送の『NHKスペシャル 未解決事件 File.06 赤報隊事件』で、実録ドラマへの出演が決定。また、『ホンネテレビ』の企画を境に「ユーチューバー草なぎ」としても動画をアップしているが、17年に新設されたチャンネルのうち、最もチャンネル登録者を獲得した新人YouTuberランキングで1位に輝いた(62万966人)。

草なぎといえばTwitterやYouTubeに登場する愛犬・くるみちゃんもファンの間でアイドル的存在に。あるTwitterユーザーが「くるみちゃんへの誕生日カード」の宛先に関して「新しい地図」の運営に問い合わせたところ、「ファンレターにつきまして、草なぎくるみ宛でお送りいただいて問題ございません」と、返信をもらったとのこと。タレント犬になりつつあるくるみちゃんの活躍ぶりも楽しみだ。

■香取、肩書きは「画家です」
 芸術的センスにあふれ、10月開催の日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展『ミュージアム・オブ・トゥギャザー』では“作家”として作品を出展した香取。カルティエ ブティック 六本木ヒルズ店のイベント『TANK 100』でもオリジナル作品が展示され、日本財団関連の「HEROs SPORTSMANSHIP for THE FUTURE」の審査委員、朝日新聞のパラリンピックスペシャルナビゲーターにも就任した。テレビは『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)に出演中で、退所後は『カル×パラ』(NHK、11月24日放送)や『ボクらの時代』(フジテレビ系)にゲスト出演。

このように香取は絵画の仕事をはじめ、多方面で活動中。「新しい地図」スタート後、男性ファッション誌「smart」(宝島社)で初めて単独表紙を務めた。その中でインタビュアーから「ズバリ、今の肩書きは?」と聞かれ、「私は画家です」と、断言。これは『おじゃMAP!!』(11月1日放送)で草なぎにイジられたネタだったが、どうやら本人も気に入っているのだろう。

また、ネットで自分の名前を検索する“エゴサーチ”について「昔からしますよ」と述べ、「自分はこういうお仕事させてもらっている以上、怖さっていうのを常に持ってはいるんで、ホント細かいところも間違えないようにこの世界で生きてきたんで、間違えないようにしてるのに、こういうネガティブな意見があるんだなって」と、否定的なコメントもポジティブに受け止めていると明かしていた。

Twitterと並行してインスタグラムを更新している香取は、17年にインスタグラム上で最も輝いた著名人3名を表彰する「#MVI(Most Valuable Instagrammer in Japan)2017」において、「#MVI2017トレンド部門」を受賞。香取らしいアーティスティックな投稿も魅力の1つとなっている。

■SNS事件簿
 『ホンネテレビ』がきっかけでTwitterやブログ、YouTube、インスタグラムの更新を始めた3人。これまでタッチしてこなかった分野とあって“ボロ”が出る時もあり、11月11日には稲垣が「東京 渋谷区から」と位置情報を表示したままツイートしてしまい、ファンの指摘によって投稿を削除した一件も。稲垣本人が『ゴロウ・デラックス』で「僕、渋谷に住んでる」と発言していたとはいえ、ファンは心配。3人は『ホンネテレビ』の本放送に向けた『7.2分でSNSを学ぼうSP』でSNSの勉強会が行われた際、位置情報についてしっかり学んでいたのだが……。

慌てて投稿を消した稲垣は「ご忠告ありがとうございます。すみません、ご心配おかけして。。以後気をつけます。。」と、謝罪。香取が後のツイートで「吾郎ちゃんどした?大丈夫か?皆さまに助けられての僕らですよ!」「#稲垣吾郎 #ホンネテレビ #ホンネロス #香取慎吾 #吾郎位置情報 #位置情報これは大丈夫か」とハッシュタグでイジり、一連の流れを見守るファンも安堵していた。

さらに、『ホンネテレビ』出演中からメキメキとSNSを使いこなしていた草なぎも、慣れゆえの“事故”を連発。『72時間ホンネテレビ未公開シーン&トレンド入りの瞬間7.2時間で全部みせますSP』(AbemaTV、11月19日放送)の放送中にTwitterで“実況”を楽しんだが、本編で元SMAPメンバー・森且行からもらったプレゼントの写真をなぜか3回もアップしファンを混乱させた。

このほかにも、草なぎ&香取がパーソナリティを務めるラジオ『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm、午後7~8時)で脚本家・橋田壽賀子氏の話題になった時は「橋田とまた、肉食べたいなー!」とツイートし、江頭2:50の名前を「江越さん」と間違えたり、『ホンネテレビ』の感動シーン中に、名作アニメ『鉄腕アトム』に自身の顔をはめ込んだ画像を突如載せるなど暴走。これらのぶっ飛んだツイートには「お酒飲んでる?」との声も多く、深夜に自宅とみられる場所で愛犬・くるみちゃんと遊ぶ動画をアップした時にはファンが「自宅での動画はやめなよ。本当に怖い。お酒飲んだら動画はダメ」と、怒りのコメントを寄せた。翌日、草なぎは「昨夜は興奮し過ぎました。すみません!」「トコトン、やってやろうと!空まわりしてしまいました めんごごめんご」と、反省。事務所関係者に怒られたのか、以降は自由気ままな投稿が激減している。

小学生の頃から芸能界で活躍してきただけあり慎重派の香取は、SNSの利用も多方面に気を配っている。ところが、12月26日のツイートが一部ネットユーザーの反感を買ってしまった。香取は「出勤の人の流れみて 色がないなぁ.と 俺は色だらけなんだなぁ.と 思う朝」と率直な思いを吐露したのだが、「『色がない』って、サラリーマンをディスってる?」「本人は悪気がなかったかもしれないけど、出勤する人の気持ちを考えると言葉が足りなかったかも」「ジャニーズタレントがネットに関わらない理由が分かる事例」「芸能人は能天気でいいな」と、否定的な反応が続出。

香取はおよそ30分後に「心カラフルな一日でありますように!」と書き、大勢のファンが「素敵な言葉だね。心カラフルになるように今日も頑張る」「心カラフルに過ごします! 慎吾ちゃん、ありがとう」と、励まされたよう。にも関わらず、過剰に煽ったネットニュースが「初炎上」などと伝え、一気にネガティブな印象が広まってしまった。

とはいえ、自身の出演するラジオやテレビ番組と連動した書き込みを投稿し、ファンと時間を共有するスタイルは新鮮。多くのファンは16年のつらい思いから一転して華やかな生活を送っているようだ。注目度の高い彼らだからこそ細かな点にツッコミも入りやすいが、外野の目は気にせずにSNSを謳歌してほしいものだ。

SMAP解散後、4月放送の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で香取と共演した中居。25年以上もグループのリーダーを務めた彼はメンバー思いな一面があるだけに、解散後の個々の動向も気にかけているのだろう。

中居は9月5日放送分の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)の収録中に稲垣の名前を出していたそうだが、オンエアー上はカットに。放送前に発売された「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)の収録レポートで稲垣にまつわるトークが紹介されていたため、ファンが期待してオンエアーを待っていたところ、該当部分が流れなかったのだ。

こうして放送には乗らないものの、中居はテレビの収録中にも元メンバーに言及し続けている模様。『ナカイの窓』(同、12月6日放送)の一部パートにゲスト出演した女性ピン芸人・赤嶺総理は、「ネットに弱いという話の流れで、中居さんが『Abemaとか見れないもん』とおっしゃって、モニターで見ていたスタッフさんが『普段Abemaとか具体的な名前絶対言わないのに』とにやりとして、ちょうどホンネテレビをやっているときの収録で、あくまで私の都合のいい解釈だけど、粋だなと思った」と、収録のこぼれ話をツイートしていた。

中居に関しては、年明け1月2日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の「中居&ナイナイ 日本一周FINALスペシャル」内で「72時間ホンネの旅」と書かれた車でロケを行っている姿が目撃されており、彼らの活動にどう触れるのか、注目が集まっている。

その一方、爆笑問題太田光が明かしたところによれば、木村も稲垣、草なぎ、香取の活動をチェックしているとか。太田は映画『クソ野郎と美しき世界』において草なぎが出演するEpisode3の脚本を担当。12月26日放送のラジオ『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、太田は飯島氏と脚本絡みの打ち合わせを行う予定だと近況を報告した。

また、その後のトーク中、サザンオールスターズ・桑田佳祐らと連絡を取り合ったという話しから、「あと木村にもメールした。で、『頑張れよ』って言ってくれましたよ」(太田)と、木村からのメール内容をポロリ。言葉の意味を察知した相方の田中裕二は「あー! あの新しい地図の映画!」と声を弾ませ、太田が「『頑張って、頑張ってね』って(メールに書いてあった)」と言うと、なおも田中は「いや~、それはうれしいね!」と、感激していた。

そんな太田は12月中旬に行われたある番組の会見で、ジャニーズとも元SMAPの3人とも「うまくやっていく」と、宣言。『ホンネテレビ』でも「飯島を呼べ」「木村見てる?」と、一見タブーと思われるワードをぶっこみ、視聴者の笑いを誘っていた。この先も中居や木村、「新しい地図」の架け橋になってくれることを願いたい。

■名曲を配信リリース&18年も大忙し?
 12月24日の0時に向け、突如「新しい地図」でトップページに謎のカウントダウンがスタートし、ファンは騒然。「#新しい地図72」というハッシュタグがヒントになっており、再びAbemaTVに帰ってくるのか、一部でウワサになっていた『ホンネテレビ』のテーマソング「72」の「CD化ではないか」との予想が飛び交った。

そして、情報解禁のタイミングになると、「72」がiTunes、レコチョク、amazon music、Google Play Musicの4つのストアでダウンロードが可能となった。SMAPのファンはジャニーズの方針もあって音楽配信に馴染みがない人も少なくないだけに、「新しい地図」のサイトは「稲垣吾郎-ダウンロードやってみた(iTunes編)」と、ダウンロードを実演する動画もアップしている。

こちらは元ピチカート・ファイヴの小西康陽氏が作詞・作曲・編曲を担当し、NONA REEVESの西寺郷太がコーラスに参加するなど、豪華な布陣が参加した楽曲。ファンにとってはうれしい“クリスマスプレゼント”となった上に、その後はiTunesのトップソングランキングで1位を獲得するなど、ダウンロード数も伸びているようだ。

3人は年明けすぐの1月1日午前0時45分から、27分間の特別番組『27Hunホンノちょっとテレビ』(AbemaTV)に生出演することも発表。同4月公開の映画をはじめ、今後も彼らの活動から目が離せない。

外部リンク(サイゾーウーマン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス