最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

まゆゆセンターで「ほねほねワルツ」紅白リハで貴重なパフォーマンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルグループのAKB48が29日、東京・渋谷のNHKホールで、『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルに参加。仮の曲目として、くじ引きで決めた3曲を歌った。

今年のAKB48は、視聴者投票で選ばれた3曲をメドレーで披露する「AKB48曲目投票企画」を実施。23日に発表された最終候補10曲で決選投票が行われており、最終結果は当日の生放送中に発表される(投票締め切りは30日正午)。

この日は、総監督の横山由依がくじ引きを行い、音合わせする3曲を決定。3位は松井珠理奈がセンターの「大声ダイヤモンド」、2位はNHK教育テレビ『からだであそぼ』のコーナー曲「ほねほねワルツ」、1位は年内でグループを卒業する渡辺麻友のラストセンター曲「11月のアンクレット」となった。

2位の「ほねほねワルツ」は、元メンバーの板野友美らによる派生ユニット・ほね組 from AKB48の楽曲。初めて歌うメンバーも多いこの楽曲がくじ引きで選ばれると、指原莉乃らは「うそー!」と笑った。そして、渡辺センターの貴重な「ほねほねワルツ」を披露。ユニークな歌とダンスを楽しそうにパフォーマンスした。

その後の取材で、横山は「『ほねほね~』引いちゃった」と笑い、「でも、昨日リハーサルを深夜までやっていたので心配なくできてよかった」とコメント。同楽曲でセンターを務める渡辺は「『ほねほねワルツ』といえば私」と得意げに話し、指原らに「いやいや」とツッコまれると、「初めてやりました」と笑った。

渡辺はまた、本番で「11月のアンクレット」が2位、「ほねほねワルツ」が1位になったら、「11月のアンクレット」の最後のマイクを置く振り付けを、「ほねほねワルツ」の最後でやると宣言。「それでAKB人生終わります」と言うと、指原が「やだよー」とツッコんだ。

今年の紅白のテーマは、昨年に続き「夢を歌おう」。総合司会はウッチャンナンチャン内村光良桑子真帆アナウンサー、紅組司会は有村架純、白組司会は二宮和也が務める。通算成績は紅組31勝、白組36勝。昨年は紅組が2年連続で勝利した。

外部リンク(マイナビニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス